thomasのりもの写真

仙台ベースののりもの写真いろいろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--|
  2. スポンサー広告

APEC遠征まとめ

CL-138こまかぜ 101114韓国でのG20に続くかたちで開催されたAPEC2010、横浜での日程は7日の最終高級実務者会合からスタートして、11月13日と14日の首脳会議で閉幕した。
期間中は各国から政界財界の要人が訪れる。当然、厳重な警備体制で、海保も東京湾や浦賀水道の広い範囲で警備に当たっていたようだ。

横浜港 101114半年も前から参加の方向で腹を決めていたのにスケジュールが直前までなかなか決められず、一時は諦めつつあったものの、観閲式を上回る海保勢力が続々集結中との情報に、やはりこれを見逃すのは惜しい……ということで、ちょっと強行軍ではあるが14日の日の出に合わせて現地入り。とはいえ、14日は本番も本番ということで、制約が多いのは織り込み済み。早く行ったのは移動経路上のトラブルを避けたかったからだ。思惑通り(?)スムーズに移動を完了、現着した時点では、天気が悪いのもあってほぼまっくら。
最初のうちは大さん橋屋上北側の付け根部分1/3ほどが開放されていたが、9時から16時のあいだは「補修」のために全面閉鎖となった。まあ、何か作業していたようには見えなかったけれどな。
163263 USMC HMX-1 VH-60N 101114生来の貧乏性でさっさと宿へ引き揚げる訳にも行かず、結局日没までワルモノがいないかな~と海面監視をしてしまったが、横浜港内の主役はPL搭載の複合艇と、警察の覆面ボート(?)。PLやPMは何日も前からオンステーションを継続中だったり、複合艇を降ろしてしまって動きなしだったり。早朝の夜番昼番交代(?)でPSとPCが出入りしたのと、港内担当のCLが若干のみで、むしろアメリカ海兵隊をはじめとしたヘリの方がにぎやかだった。

横浜港 101115翌15日は応援部隊が引き上げるのを当てにして、これまた早朝から大さん橋。早朝は晴れていた。
6時台から出港が始まって、9時ごろに猛烈なラッシュタイムを迎える。ちょっと落ち着いたところで、ずっと羽田沖にいた「のと」が入ってくると、狙いすましたように港北太郎さんが現れる(笑)。しばらくご一緒させていただいて、興味深いお話も伺ったところで、自分は生理的欲求等に基づきブレイク。
JOSCO View 101115落ち着いたところで少し考えて、自分的トリのネタは午後イチくらいになるそうだし、やっぱり白くなくてでっかいフネも少し撮りたいな~ということでシンボルタワーへ。平日というのもあるのかこれはこれで面白いが、きりがないので予定通り「えさん」が出てきたところで撤収。少しして出て行ったのは「しきね」かな?



以下は時系列無視で紹介。
PLHは「だいせん」が浦賀水道の入口に張り付いていたようだが、今年はPLHコンプリートを達成したのであまり気にしない。でも「そうや」の改修が終わったのだよな……

PLは警備実施強化巡視船など複合艇を多めに搭載したフネが中心。自分が把握している範囲ではえりも型はなし。おそらくマニア的最大の目玉商品となったであろうしれとこ型は、PL-101「しれとこ」、PL-115「のと」、PL-117「れぶん」、PL-118「しもきた」、PL-120「くにさき」、PL-126「まつしま」、PL-128「えさん」と特盛り。期間中、「のと」は直行で羽田沖、「くにさき」は一度横浜へ入ってから出直して横須賀港口に張り付いていたようだ。
PL-101しれとこ 10111514日は動きのなかった「しれとこ」は、一度出てきてから複合艇を引き揚げて出発。
PL-115のと 101115直線距離じゃ近いのに、帰るとなると本州をぐるっと半周しなきゃならない「のと」。ひと息入れたくもなる。
PL-117れぶん 101114流浪のしれとこ型、流れ流れて稚内のPL-117「れぶん」。14日は動きなし。ときどき複合艇が着けてトイレ休憩? 給食? していた。
背景は大さん橋で、並んでいるのは警視庁第七機動隊と思われる警備部隊の車両。すごい数だ。朝の到着時は大さん橋がまだ使えたので上から見ていたが、撮るとおこられそうな気がしたので(笑)撮らなかった。ちょっともったいなかったかも。
PL-117れぶん 101115「れぶん」は搭載艇を降ろしていたので、15日出発前に一度離岸してから回収。船首の奥の方の小さいのがPL117-M1。
PL-118しもきた 101115「しもきた」は、期間中ずっと山内の方にいたようだ。
PL-126まつしま 101115自分はおなじみの「まつしま」。夏に見かけたときは降ろされていた鉄砲が元に戻されている。
PL-128えさん 101115「えさん」は個人的に、以前小樽まで行きながら皮算用がはずれた因縁のフネ。出港はみんなより遅くて午後になったが、意地でも撮るのだ。
何だか鉄砲が小さいな~。

はてるま型は地元のPL-66「しきね」のほかにPL-62「はかた」、PL-67「あまぎ」、PL-68「すずか」、PL-69「こしき」が参加。
PL-62はかた 10111515日の第一陣は「おきつ」だったようだが寝坊してしまい、おそらく2隻目の「はかた」も7時前には出港。ちょっと間に合わなかったけれど、まあいいか。
PL-67あまぎ 101114大さん橋の目の前にバリケード状に停泊中のPL-67「あまぎ」。14日暗くなってから大さん橋へ着けたようだ。
PL-69こしき 101115PL-69「こしき」は、海保バースへ突っ込んだまま複合艇を器用に引き揚げて出て行ったので、ちょっと物足りないアングルで終わってしまった。
PL-69こしき 101115「こしき」の複合艇収容シーケンス。
まずワイヤを引っ掛けて……
PL-69こしき 101115フレームをツメでがっちりつかんで持ち上げる。
PL-69こしき 101115ストップ。
PL-69こしき 101115綱を引っ張って90度回し、内側へ引き込む。
PL-69こしき 101115アーム自身をかわしたら、向きを戻す。
ちなみにはてるま型でも後期型の「こしき」は、複合艇を3隻搭載。こうやって真ん中の台に載せて、今度は反対舷のアームで移し変えれば、岸壁に着けていても3隻ぜんぶ出したり入れたりできるということだろう。
まあ器用なものだ。

PM-21とから 101115PM-27よしの 101115とから型好きとしては今回のマストアイテム、PM-21「とから」とPM-27「よしの」。
「とから」は14日まで出田町のとば口に泊まりっぱなしで、背景には頻繁に写り込むものの手が出ないという精神衛生上たいへんよろしくない配置だったのだけれど、15日の出港を撮ってようやく安心。
PMではほかにPM-92「かつら」も来ていたらしいのだが、PM-02「きたかみ」といっしょに川崎へ入っていたようでパス。どうせ帰り道だったから、寄れば撮れたかな?

PS-03いなさ 101114PS-06らいざん 101115PSはPS-03「いなさ」とPS-06「らいざん」、PS-13「つくば」が山下埠頭に着けていたが、良い条件で撮れなかった……
「いなさ」は14日早朝、大さん橋駐車場の金網越しに撮ったのでうすらぼんやり。14日の「らいざん」は大さん橋再開後の撮影なので暗いし、先のほうに出船で着けてしまったので真横までも行けない。翌朝は2隻とも早朝の晴れているうちに出て行ってしまったのでド逆光。
PS-104かつらぎ 101115PSではもう1隻、補完ネタだが残念なアングルでしか撮ったことのなかったPS-104「かつらぎ」。15日に一度出て行って、しばらくしてから戻ってきた。

PCははやなみ型が応援で4隻、もちろん地元の「はまなみ」も警備にあたっていた。よど型は定番の「よど」ではなくPC-52「ことびき」を新規捕獲。はやぐも型の巣と化している対馬からはPC-106「むらくも」とPC-108「やえぐも」の2隻。
PC-52ことびき 10111414日明け方に戻ってきた「ことびき」。何故呼ばれたかはまあなんとなく想像がつく。
PC-106むらくも 101114PC-108やえぐも 101114左が新規の「むらくも」、右が補完の「やえぐも」。
暗い……
PC-12せとぎり 101115PC-13みずなみ 101114PC大盛りということで、結果的に自分が従来手薄だった六管が少し厚くなったのはありがたい。
左は補完のPC-12「せとぎり」、右は新規のPC-13「みずなみ」。
PC-18はるなみ 101115PC-20あやなみ 101115はやなみ型続きで左がPC-18「はるなみ」、右がPC-20「あやなみ」。いずれも新規。

さらに大盛りがCL。新規が11隻、地元横浜以外の補完が3隻。
CL-18とまかぜ 101115一管は補完でCL-18「とまかぜ」のみ。
CL-58てるかぜ 101115CL-16ひばかぜ 101115二管から、左が今回ヘンに嬉しかったネタのひとつ、福島海上保安部のCL-58「てるかぜ」。ベースの小名浜港では微妙なエリアに隠れているので、捕獲が難しいのだ。
右は補完で青森のCL-16「ひばかぜ」。
CL-130くりかぜ 101114三管では、横浜のご近所さんなのだけれど撮れていなかったCL-130「くりかぜ」。
CL-160いせぎく 101115CL-15みやかぜ 101115四管は新規で左のCL-160「いせぎく」、補完で右のCL-15「みやかぜ」。
CL-141しらぎく 101115CL-142ひめざくら 101115五管、左がCL-141「しらぎく」、右がCL-142「ひめざくら」。
CL-138こまかぜ 101115同じく五管のCL-138「こまかぜ」、15日の朝は「UW1 お世話になりました」の字幕を掲示して出発。
CL-45あしかぜ 101115CL-55みつかぜ 101115六管、左がCL-45「あしかぜ」、右がCL-55「みつかぜ」。
CL-105やまざくら 101115CL-133あいかぜ 101115七管から、左がCL-105「やまざくら」、右がCL-133「あいかぜ」。
CL-145さとざくら 101115七管でもう1隻、CL-145「さとざくら」。

くらま 101115おまけ。遠目にはアメリカのコーストガードが出張ってきたか? と思ってしまう塗りだが、自分はネタを教えてもらっているので慌てない。元CL-240「やまぶき」だそうだ。
喜美丸 101115こちらも元海保の「喜美丸」。かつてはぬのびき型消防艇FM-03「おとわ」。

ん~、新規25隻? やっぱり観閲式より派手だ。



警察関連では、会場周辺は先述したとおり面白みのない覆面だか臨時雇いだかのボートばかりで、案外成果なし。
港北太郎さんとも話したが、レギュラー陣は朝晩に鶴見運河方面へ出入りしていたようなので、川崎方面の湾岸線周辺を警戒していたのかもしれない。

神6みうら 101114「みうら」(神6)が新しくなっていた。
いちょう 101114傍目には何だか楽しそうなのりもの「いちょう」。記号はないみたいだ。
神2あしがら 101114「あしがら」(神2)には「POLICE」の大書きが入っていた。
神4ゆり 101114いままでうまく撮れていなかった「ゆり」(神4)を補完。
神5はこね 101114「はこね」(神5)は県警本部の裏手に着けていた。



でっかいフネとの交戦は短時間で、黄砂があったのか条件的にもやや苦しめだったが、出入りは多かった。

北野 101115NYKのコンテナ船「北野」。オーストラリア方面への航路に入っているようだ。普段仙台へやってくるシリーズよりも細身のパナマックスだからか、何だかシャープな印象でかっこよい。
Stuttgart Express 101115Hapag-Lloydのコンテナ船「Stuttgart Express」。ハパグロイドのフネは初捕獲。
Liberty Ace 101115MOLの自動車運搬船「Liberty Ace」。
第三清丸・JFE N3 101115JFEのプッシャー&ROROバージ、「JFE N3」と「第三清丸」。ふたつあわせて「第三清丸船団」。



疲れたけれど、がんばって行ってよかった。
  1. 2010.11.18|
  2. 遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Alaska Juris (Fishing Company of Alaska) | ホーム | APEC(遠征)閉幕>>

コメント

コメントの投稿
※コメントは承認制になっています。承認するまで表示されませんので、多重投稿にご注意ください。
※「管理人のみ閲覧可」として頂いたコメントは、原則としてこちらからのレスポンスは行いませんのでご了承ください。
※間違えて「管理人のみ閲覧可」としてしまった場合は、お手数ですがもう一度投稿してください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://thomasphoto.blog61.fc2.com/tb.php/4253-d78e1360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

まとめサイト

このブログのまとめサイト。

thomasのりもの写真(まとめ)

カテゴリ

サブカテゴリ(ひこうき・機種別)

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ユーザータグ

BOEING(1543)/RJAA(781)/RJSS(761)/JAL(649)/ANA(607)/AIRBUS(443)/海上保安庁(397)/B737(392)/B767(392)/B747(372)/B763(364)/B777(360)/RJTT(358)/B744(291)/横浜港(277)/B772(265)/AIR_SPECIAL(227)/塩釜港(191)/MCDONNELLDOUGLAS(189)/巡視船(179)/JR東日本(173)/B738(170)/AIR_FREIGHTER(153)/巡視艇(150)/仙台港(150)/BOMBARDIER(146)/東京港(140)/ANK(129)/A320(124)/A330(122)/タグボート(118)/第3管区(109)/RJBB(107)/RJSN(101)/第2管区(97)/B773(95)/ひめぎく型(95)/東北本線(91)/カーフェリー(91)/MD80(89)/B735(88)/CCA(87)/すずかぜ型(87)/NWA(87)/警備艇(警察)(82)/AAR(78)/RJOO(77)/JEX(75)/タンカー(72)/RJGG(71)/ROAH(69)/東北新幹線(68)/A300(68)/CRJ(68)/A306(68)/新潟港(68)/海上自衛隊(67)/A340(67)/B734(64)/A333(63)/RORO船(62)/ヘリコプター(61)/DH8D(60)/A332(59)/貨物船(59)/観光船(58)/B742(58)/UAL(56)/第1管区(56)/AKX(53)/B744D(53)/MD81(53)/槻木駅(52)/KAL(50)/旅客船(50)/A343(50)/MD90(50)/AJX(49)/B742F(48)/EVA(48)/JLJ(48)/白石蔵王駅(47)/COA(47)/国土交通省(46)/港湾管理業務船(45)/B73G(45)/コンテナ船(45)/JR貨物(44)/岩沼駅(42)/CRJ2(42)/CSN(40)/MD11(40)/RJSI(39)/IBX(39)/A321(38)/B744F(38)/八戸港(37)/MD11F(35)/EMBRAER(35)/RJSF(35)/SKY(34)/CPA(32)/しれとこ型(32)/小名浜港(32)/FDX(31)/CRF(31)/STARALLIANCE(30)/EH500(30)/E170(30)/B757(29)/函館港(29)/MD87(29)/ADO(29)/B752(28)/NXA(28)/CES(28)/BIZJET(28)/船岡駅(27)/酒田港(27)/監督測量船(26)/E3系(26)/第9管区(26)/なつい型(26)/CMI(25)/RJSK(25)/青森港(25)/小田原駅(24)/鶴見サンマリン(24)/東海道新幹線(24)/NCA(24)/JTA(24)/漁業調査船(24)/鹿島港(24)/E2系(23)/小樽港(23)/RJCC(23)/ERJ(23)/CAL(23)/舞鶴港(22)/警視庁(22)/ダム(21)/第4管区(21)/B762(21)/護衛艦(21)/BELL(21)/神奈川県警察(20)/宮城マリンサービス(20)/JAC(20)/苫小牧港(20)/常磐線(20)/クルーズ客船(19)/HDA(19)/第8管区(19)/日本郵船(19)/B743(19)/JR東海(19)/水産庁(19)/RJTY(19)/B763F(18)/奥羽本線(18)/RJSC(18)/BEECH(18)/E721系(18)/消防艇(18)/漁業取締船(18)/THA(18)/練習船(17)/SIA(17)/大阪港(17)/E4系(17)/AEROSPATIALE(16)/TUPOLEV(16)/AAL(16)/第7管区(16)/DLH(16)/つがる型(16)/航空自衛隊(15)/B733(15)/丸文松島汽船(15)/重力式コンクリートダム(15)/A319(15)/BAW(15)/FOKKER(15)/F50(15)/監視取締艇(15)/川崎近海汽船(15)/佐渡汽船(15)/釜石港(14)/名古屋港(14)/石巻港(14)/報道ヘリ(14)/山形新幹線(14)/CRJ1(14)/第5管区(14)/400系(14)/海保ヘリ(13)/レストラン船(13)/室蘭港(13)/KSFO(13)/北白川駅(13)/太平洋フェリー(13)/セメント運搬船(13)/測量船(13)/陸上自衛隊(13)/えりも型(13)/T154(13)/むらくも型(13)/昭和油槽船(13)/RJCO(13)/ED75(13)/蔵王駅(12)/大河原駅(12)/フジトランス(12)/鳥羽港(12)/AFR(12)/ダイトーコーポレーション(12)/東京汽船(12)/税関監視艇(12)/SAAB(12)/第6管区(12)/東白石駅(12)/山形駅(12)/宮城県(12)/ウィングマリタイムサービス(12)/CRJ7(12)/らいざん型(12)/SNJ(11)/LPGタンカー(11)/釧路港(11)/名取駅(11)/南仙台駅(11)/水産実習船(11)/航空救難団(11)/700系(11)/新日本海フェリー(11)/AUA(11)/ハイドロフォイル(11)/SF34(11)/川崎港(11)/東日本フェリー(11)/A346(11)/栗林商船(11)/小山駅(11)/水産総合研究センター(10)/川崎重工業(10)/B412(10)/BCF(10)/ACA(10)/はてるま型(10)/EF81(10)/ばんな型(10)/太平洋セメント(10)/AFL(10)/上越新幹線(10)/とから型(10)/大阪府警察(10)/UPS(10)/USAF(10)/GULFSTREAM(10)/掃海艇(10)/鹿島埠頭(9)/浦賀水道(9)/おりおん型(9)/DC10(9)/貨客船(9)/LOCKHEED(9)/熊谷駅(9)/敦賀港(9)/青函フェリー(9)/防災ヘリ(9)/横須賀長浦港(9)/VIR(9)/KIAD(9)/研究船(9)/AZA(9)/DH8C(9)/はやぐも型(9)/港湾業務艇(9)/B739(9)/719系(9)/はやなみ型(9)/建造中の船(9)/PAL(9)/漁船(9)/第10管区(9)/300系(9)/トヨフジ海運(9)/航海訓練所(9)/あかぎ型(8)/東京消防庁(8)/SIKORSKY(8)/ユーロコプター(8)/VLK(8)/ひだ型(8)/FIN(8)/三菱重工業(8)/常滑港(8)/秋田港(8)/アメリカ海軍(8)/CESSNA(8)/HVN(8)/B350(8)/川崎汽船(8)/気仙沼港(8)/油回収船(8)/秋田新幹線(8)/福島駅(8)/旭タンカー(8)/583系(8)/SFJ(8)/ニュー松島観光船(7)/北海道警察(7)/ANZ(7)/日本海洋社(7)/CSH(7)/海洋研究開発機構(7)/清掃船(7)/GLF5(7)/シルバーフェリー(7)/津軽海峡フェリー(7)/松島ベイクルーズ(7)/横浜税関(7)/KLM(7)/CITATION(7)/解役巡視船艇(7)/びほろ型(7)/鈴与海運(7)/上野トランステック(7)/AS365(7)/SWR(7)/SAS(7)/ポートサービス(7)/C560(7)/芝浦通船(6)/鳥羽市(6)/MAS(6)/MD82(6)/根室港(6)/KIAH(6)/つるぎ型(6)/B764(6)/商船三井フェリー(6)/USMC(6)/FDA(6)/JR西日本(6)/417系(6)/しんざん型(6)/塩釜市営汽船(6)/ANTONOV(6)/455系(6)/日本海曳船(6)/商船三井(6)/作業船(6)/東京都港湾局(6)/十勝港(6)/神戸港(6)/日立港(6)/大船渡港(6)/しきしま型(6)/阿武隈急行(6)/愛知県警察(6)/JFE物流(6)/8100系(6)/信越本線(6)/警察ヘリ(6)/北海道(6)/千葉港(6)/北日本海運(6)/701系(6)/ぽおらすたあ型(6)/救難ヘリ(6)/日本タンカー(6)/485系(6)/A124(5)/あきづき型(5)/KHB(5)/自動車運搬船(5)/岩手県(5)/あさぎり型(5)/大島汽船(5)/東海運(5)/よど型(5)/KORL(5)/EC135(5)/福島県(5)/砂利運搬船・ガット船(5)/200系(5)/B212(5)/監視艇(5)/P-3(5)/THY(5)/GIA(5)/SINOTRANS(5)/東京大学(5)/A310(5)/酒田市営(5)/QFA(5)/RJNT(5)/井本商運(5)/ダム(福島県)(5)/RAC(5)/塩釜市(5)/伏木富山港(5)/砕氷艦(5)/B190(5)/山形県(5)/東港サービス(5)/宝洋海運(5)/塩釜港船舶給水(5)/大洗港(5)/キハ100系(5)/対戦車ヘリ(5)/東日本タグボート(5)/オフショア・オペレーション(5)/AIC(5)/岩船港(5)/報道機(4)/B788(4)/DASSAULT(4)/伊勢湾フェリー(4)/東京湾フェリー(4)/BPA(4)/気象庁(4)/日本海内航汽船(4)/F-16(4)/A342(4)/FALCON900(4)/やまゆり型(4)/砕氷船(4)/ANH(4)/CEB(4)/JAA(4)/津エアポートライン(4)/金沢港(4)/LNGタンカー(4)/ALK(4)/ウトロ港(4)/MSR(4)/はつゆき型(4)/JAZ(4)/すがしま型(4)/CRK(4)/MU-2(4)/東海汽船(4)/APJ(4)/ミサイル艇(4)/はやぶさ型(4)/B787(4)/留萌港(4)/通船(4)/BN2(4)/商船三井客船(4)/那珂湊漁港(4)/いわきディクルーズ(4)/UAE(4)/中日本航空(4)/THT(4)/あそ型(4)/久里浜港(4)/みずほ型(4)/日本ガスライン(4)/東船岡駅(4)/N700系(4)/ホンダロジスティクス(4)/ダム(山形県)(4)/イースタン・カーライナー(4)/伊良湖港(4)/宮古港(4)/B200(4)/DH8A(4)/プッシャーバージ(4)/海洋気象観測船(4)/横須賀港(4)/AH-1S(4)/AS332(4)/IDE(3)/はまぐも型(3)/日本クルーズ客船(3)/逢隈駅(3)/JCAB(3)/FishingCompanyofAlaska(3)/ダム(神奈川県)(3)/IRA(3)/灯台見回り船(3)/検疫艇(3)/キハ40系(3)/うわじま型(3)/厚生労働省(3)/DAL(3)/B762F(3)/音響測定艦(3)/航路標識測定船(3)/粟島汽船(3)/BDSF(3)/直江津港(3)/羽越本線(3)/ポートカナベラル(3)/BAE(3)/共栄運輸(3)/大洋エーアンドエフ(3)/ダム管理業務船(3)/日鐵物流(3)/苫港サービス(3)/郵船クルーズ(3)/GLF4(3)/C130(3)/宮ヶ瀬湖(3)/網走港(3)/AS355(3)/USA(3)/UIA(3)/VDA(3)/港湾業務船(3)/多用途支援艦(3)/ひうち型(3)/UH-60(3)/U125A(3)/銚子港(3)/SBI(3)/B125(3)/住友大阪セメント(3)/T204(3)/酒田曳船(3)/ABX(3)/AHK(3)/第11管区(3)/青森県(3)/調査船(3)/SAT721系(3)/シィライン(3)/第一中央汽船(3)/はましお型(3)/E175(3)/仙台空港鉄道(3)/仙台空港線(3)/消防船(海保)(3)/東邦航空(3)/横浜市港湾局(3)/シーライン東京(3)/斎藤海運(3)/ダム(岩手県)(3)/S-76(3)/むらさめ型(3)/アーレイ・バーク級(3)/女川港(3)/MAH(3)/CH-46(3)/RSSC(3)/駆逐艦(3)/MDA(3)/LR-1(3)/ロックフィルダム(3)/仙台空港駅(3)/KABE(3)/勝田駅(3)/KV-107(3)/仙台駅(3)/LEARJET(3)/宮城県警察(3)/紋別港(3)/A380(3)/七尾港(3)/717系(3)/新潟県警察(3)/AIRTRANSSE(2)/B74S(2)/大阪市消防局(2)/AGUSTA(2)/AMT(2)/松島港(2)/E1系(2)/B206(2)/CNC(2)/AKW(2)/東京湾水先区水先人会(2)/A345(2)/新和内航海運(2)/BBC(2)/ADB(2)/CMA_GCM(2)/石狩湾新港(2)/明洋型(2)/あまみ型(2)/道東観光開発(2)/羅臼港(2)/C90(2)/AS350(2)/渡船(2)/雄洋海運(2)/松島島巡り観光船企業組合(2)/AMX(2)/イイノガストランスポート(2)/港務艇(2)/Thailine(2)/ひらしま型(2)/RoRoLine(2)/プリンス海運(2)/横浜市安全管理局(2)/京都府警察(2)/宮津港(2)/OH-1(2)/北日本曳船(2)/観測ヘリ(2)/山形県警察(2)/京都府(2)/ケミカルタンカー(2)/山根海運(2)/伊勢湾防災(2)/練習艦(2)/YS11(2)/CH-47(2)/パイロットボート(2)/エスコート船(2)/海洋曳船(2)/こんごう型(2)/十和田湖(2)/青森県警察(2)/十和田湖観光汽船(2)/泉汽船(2)/651系(2)/釜石市(2)/北海道ポートサービス(2)/道南自動車フェリー(2)/塩釜地区消防事務組合(2)/御前崎港(2)/清水港(2)/輸送ヘリ(2)/宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(2)/北越急行(2)/フランス海軍(2)/函館税関(2)/羽幌沿海フェリー(2)/海技教育機構(2)/東邦海陸運輸(2)/たかつき型(2)/苫小牧海運(2)/室蘭マリンサービス(2)/新潟県(2)/大阪航空(2)/大王海運(2)/なつぎり型(2)/磐越西線(2)/福島県警察(2)/試験艦(2)/東北エアサービス(2)/海洋産業(2)/雄飛航空(2)/ダム(宮城県)(2)/あぶくま型(2)/ひゅうが型(2)/T214(2)/UZB(2)/GXY(2)/HAC(2)/GLEX(2)/新日本石油タンカー(2)/E653系(2)/ジェネック(2)/那覇港(2)/いそかぜ型(2)/三菱製紙(2)/KC-10(2)/JBU(2)/ほくと型(2)/川崎市港湾局(2)/E120(2)/セントレア桟橋(2)/北部まき網漁業(2)/CL60(2)/CKK(2)/CJC(2)/CXA(2)/DC10F(2)/E26系(2)/DOUGLAS(2)/設標船(2)/DC87(2)/曳船58号型(2)/女川湾(2)/R44(2)/日藤海運(2)/QTR(2)/OTG(2)/OEA(2)/VH-60(2)/羽幌港(2)/SH-60(2)/日本海運(2)/ROBINSON(2)/ダム(新潟県)(2)/NTH(2)/RJBE(2)/久慈港(2)/MGL(2)/NAMC(2)/監督船(2)/フリゲイト(1)/救難艦(1)/フロレアル級(1)/退役護衛艦(1)/鳳生汽船(1)/東京税関(1)/掃海艦(1)/日本マリン(1)/白井汽船(1)/潜水艦救難母艦(1)/国際ケーブル・シップ(1)/有村産業(1)/はつしま型(1)/大阪水上バス(1)/エムイー海運(1)/仙台市消防局(1)/名門大洋フェリー(1)/日本チャータークルーズ(1)/水中処分母船1号型(1)/英雄海運(1)/たちかぜ型(1)/たかなみ型(1)/関西空港ポートターミナル(1)/キャプテンライン(1)/ケーブル敷設船(1)/セラヴィ観光汽船(1)/常滑ミナトライン(1)/24系(1)/支援船(1)/茨城県警察(1)/チップ輸送船(1)/MU-300(1)/佐藤漁業(1)/三洋海事(1)/横浜コンテナライン(1)/徳山海陸運送(1)/東海大学(1)/コスモ海運(1)/N763(1)/潜水艦(1)/ゆうばり型(1)/はるしお型(1)/はたかぜ型(1)/タイヨウ汽船(1)/中国海事局(1)/長浦港(1)/パシフィックマリンサービス(1)/日産専用船(1)/警戒船(1)/東都海運(1)/正栄海運(1)/APL(1)/OOCL(1)/湘南港(1)/錦江航運(1)/丸住製紙(1)/伊豆諸島開発(1)/うらが型(1)/掃海母艦(1)/POT(1)/AW139(1)/兵機海運(1)/興洋海運(1)/日本鯨類研究所(1)/九州マリン(1)/高速輸送船(1)/HK100形(1)/荒川水力電気(1)/681系(1)/寺泊港(1)/115系(1)/近海郵船物流(1)/消防艇(海保)(1)/東北水力地熱(1)/複合ダム(1)/ダム(秋田県)(1)/秋田県(1)/重力式アーチダム(1)/はるな型(1)/アースダム(1)/ぬのびき型(1)/輸送艦(1)/おおすみ型(1)/室蘭通船(1)/第一タンカー(1)/IMT(1)/保存船(1)/RJEB(1)/石狩湾新港サービス(1)/フライアッシュ運搬船(1)/尾岱沼港(1)/花咲港(1)/浦河港(1)/春風海運(1)/神原ロジスティクス(1)/クルーザー(1)/AZIMUT(1)/太平洋汽船(1)/UC-35(1)/日洋海運(1)/あそぎり型(1)/小木港(石川)(1)/高岡市消防本部(1)/石川県警察(1)/輪島港(1)/興亜海運(1)/富山県(1)/E5系(1)/補給艦(1)/NJA(1)/JNA(1)/渋田海運(1)/RJSY(1)/衣浦港(1)/三河港(1)/神戸リゾートライン(1)/福岡県(1)/長崎県(1)/ANG(1)/東京水辺ライン(1)/黒田産業海運(1)/NGSCO(1)/加藤海運(1)/WANHAI(1)/東京都(1)/山口県(1)/名鉄海上観光船(1)/東北大学(1)/Hapag-Lloyd(1)/調査実習船(1)/シーパル女川汽船(1)/GLOVIS(1)/田渕海運(1)/出光タンカー(1)/伊良湖水道(1)/名古屋税関(1)/極洋水産(1)/HAL(1)/三洋物産(1)/練習機(1)/L101(1)/KAP(1)/LOT(1)/LR-2(1)/LRO(1)/JR北海道(1)/JIA(1)/FJI(1)/F-15DJ(1)/HKE(1)/ICE(1)/JAXA(1)/MD88(1)/MH2000(1)/SB20(1)/SASCO(1)/SHU(1)/SYKORSKY(1)/TAI(1)/RCI(1)/PIA(1)/いわみ型(1)/NKS(1)/OAE(1)/PAC(1)/EDW(1)/EA-6(1)/ATR(1)/ATN(1)/B732(1)/B741(1)/B753(1)/AT43(1)/AN22(1)/A109(1)/A-10(1)/ACI(1)/AIB(1)/AMU(1)/BK117(1)/C-1(1)/DHL(1)/DH8B(1)/E135(1)/E145(1)/E190(1)/DCL(1)/CYZ(1)/C-12(1)/C57(1)/CCL(1)/CHP(1)/USARMY(1)/USNAVY(1)/はつひかり型(1)/しらうめ型(1)/E955形(1)/日立市消防本部(1)/BEOING(1)/千葉市消防局(1)/新潟西港(1)/住若海運(1)/岩手県警察(1)/霧島汽船(1)/両津港(1)/新潟市消防局(1)/洞海マリンシステムズ(1)/ダム(茨城県)(1)/亘理駅(1)/大宮駅(1)/神奈川県(1)/津久井湖(1)/小笠原海運(1)/那須塩原駅(1)/山ノ目駅(1)/マロックス(1)/峰吉川駅(1)/刈和野駅(1)/平泉駅(1)/大槌港(1)/三豊運輸(1)/朝日航洋(1)/MBB(1)/ミストラル級(1)/青森曳船(1)/ロシア国境警備局(1)/東京海洋大学(1)/強襲揚陸艦(1)/YAKOVLEV(1)/YK40(1)/入国管理局(1)/警備艇(入管)(1)/しようこう型(1)/警備艦艇(海外)(1)/輸送艇1号型(1)/輸送艇(1)/特務艇(1)/PIL(1)/徳栄海運(1)/大阪税関(1)/福井県警察(1)/日本海洋(1)/海事広報艇(1)/E531系(1)/小浜港(1)/釜石線(1)/

RSSフィード

プロフィール

thomas

Author:thomas
のりもの(主にひこうき)の撮影記録。
まとめサイト公開しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。