thomasのりもの写真

仙台ベースののりもの写真いろいろ。

111日ぶり?

塩釜港 120826当ブログ開設以来最長のブランクとなってしまったが、このところ公のほうが忙しくて……
しかし状況改善の目処も立たなくて、心のバランス(笑)が取れなくなりそうな気がするので、なんとかがんばって「本業」を再開する。
今週途中から遅い夏休みが取れそうな感じで、どこへ行こうかまだ決めていないもののどこかへ行くことは決めた。カメラを100日以上放置状態だったので試運転をしようと思っていたら、朝のうちに塩釜へ北大の「おしょろ丸」が入ったような雰囲気。これはよい塩梅だわいと出かけるも、昼過ぎに着いてみればすでに出港済みorz

[111日ぶり?]の続きを読む
  1. 2012.08.26|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安全第一

第十七菱安丸 120408パッとしない天気の仙台空港をあきらめて、やっぱりパッとしない天気の塩釜港。若干の皮算用はあったのだけれど例によってハズレ。みんないそがしいみたい。
というわけでネタは1隻だけ、鶴見サンマリンの「第十七菱安丸」。地元塩釜のタンカーで、以前にも撮っているけれど、先週ドック入りしていてちょっとニュースになっちゃったりしたフネだ。きょうは試運転なのか、午後から出て1時間ちょっとで戻ってきた。化粧直しをしてキレイになっていたけれど、例によって肝心なところでパッとしない天気になっちゃったので、かなり遠いけれど陽の当たったカットを。

本当は今週末、北のほうへ出かけたかったのだけれどスケジュールが合わず……来週あたりなんとかしたい。
  1. 2012.04.08|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年仕事始め

第三仁王丸 1201082012年もすでに1週目が終わってしまったが、自分もようやく仕事始め。
新年を迎えて、ネタも初物がよいなあということで、近場の割にいままで行っていなかった松島港で、観光船企業組合の「第三仁王丸」一点張り。
なぜに行っていなかったかというと、ン十年前、たぶん観光シーズンだったのだろう、連れられて行ったものの道路は混むわ人も混むわ、スーベニアショップも興味ないし……という記憶が重くのしかかっていたからだ。

[2012年仕事始め]の続きを読む
  1. 2012.01.08|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年仕事納め

清見丸 111231気がつけばもう2011年もきょうでおしまい。またひと月以上空いてしまったが、このまま終わるのも口惜しいので、塩釜で〆とする。
皮算用がないわけでもなかったが、まあそこはそれ、至って何事もない一日。洋上で年を越される皆様、ご苦労様です。

[2011年仕事納め]の続きを読む
  1. 2011.12.31|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時に逃がした魚は本当に大きい

PLH-31しきしま 110926きょうは拠所ない事情で仕事は休み……にしたところで、用事が思いのほか早く片付いたので、助平心を出して仙台港へ急行するものの、タッチの差でお目当てに逃げられる。

[時に逃がした魚は本当に大きい]の続きを読む
  1. 2011.09.26|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

きょうは執着してみた

PM-96くろかみ 110730今年は例年恒例の海の日遠征なし、いやそれを言うなら観閲式もなかったわけで、情勢的に当然ではあるのだけれどそれはそれとして欲求不満は溜まる。海保では塩釜が機能を回復しつつあり、震災関連で来てくれる船艇が塩釜へ入るようになっているが、なかなか間を取れなくてそれもストレスになっていたので、きょうは確証のないままとにかく出動。朝から粘って、かねて懸案となっていたあまみ型巡視船、PM-96「くろかみ」を捕獲。

[きょうは執着してみた]の続きを読む
  1. 2011.07.30|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入梅の気配

AMS-4305 110528きょう午前、あいにくの天気の中、海上自衛隊のAMS-4305「えんしゅう」が塩釜港へ入港した。

[入梅の気配]の続きを読む
  1. 2011.05.28|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スーパーおが丸

Super Liner Ogasawara 110521各種メディアでも取り上げられていたが、今週の月曜日、いわゆるTSL、テクノスーパーライナーの「Super Liner Ogasawara」が石巻港へ入港。食事や入浴、宿泊のサービスを提供している。
三井造船のプレスリリースでは船名を出さず、報道でも「テクノスーパーライナー」と呼ばれていたが、その名の通り、TSLの実用第一船として小笠原航路へ投入される予定だったものの、あれやこれやで就航できないままモメてしまったフネだ。経緯や賛否はさておいて、現状では三井玉野に繋がれっぱなしで、個人的には今世紀3大モッタイナイオバケ船のひとつだと思っている(残り2杯はナッチャン姉妹)。

[スーパーおが丸]の続きを読む
  1. 2011.05.21|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マリンゲート再開

白龍 1105045月1日から塩釜港のマリンゲート塩釜が営業を再開、丸文松島汽船とニュー松島観光船も運航を再開したとのこと。休み前から気になっていたフネもあったので、様子を見に出掛ける。
港湾施設のダメージはまだまだ残っていて、周辺では生活に不便をしている人もいるだろうけれど、いつもの観光船が行き来する光景を見て、自分にとっての日常がまた少し戻ってきたような気がした。

[マリンゲート再開]の続きを読む
  1. 2011.05.04|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新「いしかり」仙台港へ

いしかり 110413地震から1ヶ月が過ぎて、自分もフィールドワークを再開することにする。のりもの関連では一度運転を再開しながらわずか1日でまた運休に追い込まれてしまったJR東北線が昨日から再々開、「新幹線リレー号」なのか583系が走っているのを見かけたり、きょうから仙台空港が民間機の運航を再開したりと、相次ぐ余震のなかでもすこしずつ復旧しつつあるが、自分の復帰は太平洋フェリーの新「いしかり」にした。
本来ならば3月13日の就航を前に、3月12日に仙台へ入港してお披露目をする予定だったもので、当然自分もお出迎えの予定だった。震災後は「きそ」とともに仙台抜港で名古屋-苫小牧間を貨物専用で運航していたが、10日名古屋発の「きそ」から北航便のみがやはり貨物専用で仙台寄港を再開。「いしかり」はきょうが1ヶ月遅れの初入港となる。

[新「いしかり」仙台港へ]の続きを読む
  1. 2011.04.13|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

塩釜港へ

先週の金曜ごろから、行列なしにガソリンを入手できるようになった。自分も昨日給油して、きょうは沿岸部、七ヶ浜町と亘理町の親類宅をまわる。七ヶ浜町のほうはかなり塩釜寄り、貞山橋をちょっと上がったところにあって、家屋は無事だったが未だに水道が出ていない状態。そこはそこで矢本で家を流されてしまった所帯をフォローしているとのことで、玉突き支援だ。
行き帰りに仙台東部道路から国道45号線や産業道路を経由したが……言葉にもしにくいし、車を停めてカメラを向けるのも難しい。災害の惨状を記録することも決して悪いことではないと思うが、自分の場合はのりもの専門ということもあって、どう撮ってよいのかわからなかった。
少し迷ったのだが、ほんの目と鼻の先まで来ているので、支障のなさそうな範囲で塩釜港の様子を確認することにした。全般的な状況としては、すべての埠頭で一般船舶が着けられるようになったとの報道があった。

塩釜港 110403昨日、3週間ぶりに救助されたワンコのニュース映像の背景に、宮城海上保安部の巡視艇「うみぎり」(PC-222)と「しらはぎ」(CL-125)の姿が映っていて、少し救われた気持ちになったのだが、定位置へ行ってみると、「うみぎり」「しらはぎ」のほかにも、宮城県の監督船「はじま」、清掃船「シークリーン」の姿を確認できた。しかし、水船や油船の残念な姿も多くあった。

[塩釜港へ]の続きを読む
  1. 2011.04.03|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有朋自遠方来不亦楽乎

いしかり 110213きょうは、この寒い中遠くからわざわざ写真を撮りに来るという物好きな友人がいたので合流。このところ雪の日が続いていて、きょうの予報もかなり望み薄だったので、心の準備をしてもらおうと脅していたのだが、どうやら友人の方が晴れヅイていたらしくおおむね良好な条件に終始。単独だったら出掛けなかったような気がするが、おかげでネタにも恵まれたし、実はここしばらくどうも思ったような写真にならなくて悩んでいたのも解消した。

というわけで、きょうは仙台空港と仙台港の掛け持ちだけれど、メインテーマは港の方ということでカテゴリもそれなりに。
[有朋自遠方来不亦楽乎]の続きを読む
  1. 2011.02.13|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

懲りてない

PL-02えりも 101218先週女川から帰ってきて、遠距離交戦なら湯気のリスクは想定すべきだったよな~と反省しつつ、翌日の新聞で海水温が高くて女川よりも上の陸前高田で熱帯魚が獲れました、なんて記事を見て、あ~そういうこともあるのかも、などと思ったり。ひとつ教訓になったとするしかない。

で、きょうも拡大版。ネタはPL-02「えりも」。

[懲りてない]の続きを読む
  1. 2010.12.18|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうは拡大版で塩釜港(?)

PLH-01そうや 101212先週につづいて、ベーリング海の漁船を撮りに塩釜港……なのだけれど、思い立って女川まで。
延命工事の終わったPLH-01「そうや」を撮りたくて足を伸ばしてみたのだが、距離的にはレンジ内なものの予想外の湯気でちょっと残念な結果に。まあ、先があるのだからよしとしよう。
写真の按配はさておいて様子はわかるのだが、船橋まわりが気持ちゴツくなったかな~という程度で、全体の雰囲気は変わっていない。

[きょうは拡大版で塩釜港(?)]の続きを読む
  1. 2010.12.12|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の漁場から

Alaska Juris 101205きょうはちょっとだけ塩釜港。
先週かな、アメリカ船籍の漁船が入ったような気配だったので覗いてみると、1隻はドックにつけていた。
シアトル船籍のトロール漁船「Alaska Juris」、Fishing Company of Alaskaという会社のフネで、ダッチハーバーあたりをベースにベーリング海で働いているらしい。
1975年生まれというのもあるだろうが、なかなか独特の風合いをもっているのはやはり北の凍てつく海を職場にしているからだろうか。

僚船の「Alaska Spirit」と「Alaska Victory」は午後からでは苦しい場所にいたのでパス。こちらもドックへ入るのだろうか。
  1. 2010.12.05|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台港を180度回せないものだろうか

HAL Amsterdam 101005きょうはHolland America Lineの「Amsterdam」が仙台港へやってきた。
入港予定からすると朝練のみでも良いような気はしたが、まあ他にもついでにやりたいことがいくつかあったのでずる休み……

[仙台港を180度回せないものだろうか]の続きを読む
  1. 2010.10.05|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の入港は晴れたら晴れたで

RSSC Seven Seas Navigator 100926きょうは仙台港年中行事の……いや、RSSCはRSSCなのだが、今年はおなじみだった「Seven Seas Mariner」ではなくて、「Seven Seas Navigator」がやってきた。ちなみにMarinerは今頃エーゲ海らしい。
今年の秋は仙台港が客船の当たり年のようで、金曜から3連発かな? これでおわりでもないのかな?

[朝の入港は晴れたら晴れたで]の続きを読む
  1. 2010.09.26|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり平日だなあ

PL-126まつしま 100810伊勢湾遠征直後から仕事やら家のことやらで何だか忙しくて、盆休みの予習がぜんぜんできず。まあ今年の優先目標は達成したし、ただならぬ暑さもあってモチベーションを敢えて上げずに、たまにゃ(?)ダラダラするのもよかろうと遠征なしとして、文字通りダラダラしていた。
そうはいっても、連日引きこもるのも生産性がないということで、きょうは塩釜港。暦の上では平日ということで、土日とは違う何かがあるだろう……というか、ぶっちゃけドックに入っているっぽい海上保安庁のPM-09「まべち」がどうにかならんかな~という淡い期待を抱いていたのだ。
昼前に現着すると、最近ちょこちょこと出入りしている気配のあるPLH-05「ざおう」が戻ってきたところのようで、見ればPL-126「まつしま」もいない……と思ったら帰ってきた。
ん?

[やっぱり平日だなあ]の続きを読む
  1. 2010.08.10|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地球にやさしく、地球はきびしい

NYK Aquarius 100613仙台港でっかいシリーズもきょうでひと段落……きょうは「NYK Aquarius」だったが、SEPU(Shoreside Electric Power Unit)に注目してみる。
SEPU(これは商品名かもしれない)は、停泊中の船内電力を陸上電源から受電するユニットで、昔から排ガス規制に熱心なロサンゼルスなどで推進しているAMP(Altanative Maritime Power)へ対応するためのもの。ユニットそのものは40ft.コンテナとしてパッケージングされている。受電電圧は6.6kVだが、最近の大型船は船内電源が6.6kVなのだそうで、受電用の変圧器は不要みたいだから、中身は受電盤、制御機器とケーブルリールなのだろう。中央やや左寄りのハッチが開いて、テンション制御された受電用ケーブルが出てくるらしい。その右側にあるのは受電灯だろう。少々見難いが、ユニット右端下面から人の二の腕ほどありそうなケーブルが数本束になって船体へ伸びている。「Originated by TERASAKI」は製品化している寺崎電気産業のアピール。
今後は特に北米航路で必須となるアイテムで、世界初となるAMP対応の新造船「NYK Atlas」は固有の設備でAMPに対応しているようだが、それよりも後に建造された「NYK Terra」はSEPUを搭載していたので、フネ側に固有の設備が要らなくて、必要に応じて積み下ろしできるSEPUが現在のNYKの標準仕様なのかもしれない。他のオペレータの状況はくわしくはわからないが、この「Cold Ironing」への対応は各社とも進めている。

[地球にやさしく、地球はきびしい]の続きを読む
  1. 2010.06.13|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日は合併号で

NYK Artemis 100606年中行事も終わって、また平常運転。きょうは前回と同じく仙台港でっかいシリーズと、仙台空港でコンチのB73Gのみ。なので、港編と空港編の合併号で。
今回は仙台港の「NYK Artemis」が早めに入ってきてくれたので、空港へ行く前に、何日か前にPL-125「かとり」が入ったような気配があった塩釜港へ行ってみるものの、すでに化粧直しの足場が組んであって玉砕。

[本日は合併号で]の続きを読む
  1. 2010.06.06|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ったり来たり

望星丸 100523きょうは霧というか雨というか、とにかくこんなんだったらザーッと降ってくれたほうがまだマシな気がする天気。こんなときに限ってネタがあるのか、ネタがあるときに限ってこんななのかはわからないけれど、朝から仙台港、次に仙台空港へ戻って、またすぐに塩釜港と何だか忙しい。きょうの各ネタは絶妙というかタイトなタイミングで、北米コンテナ航路がETA1000、仙台空港のコンチ73GがETA1100の早着予定、塩釜のネタは逃げないものの条件を考えると(どうせドン曇りだけれど)午前中にやっつけたい……という状況。せめて仙台港と仙台空港が逆ならまだよかったのだが。

[行ったり来たり]の続きを読む
  1. 2010.05.23|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぼちぼち仙台港

Агзу 100516きょうはいろいろアテが外れたけれど、昼から仙台港。
本題に入る前に、おことわりというか宣言というか、とにかく、今回から写真にクレジットを入れさせてもらうことにした。入れたくなるような出来事はいままでも何度かあったのだけれど、面倒なのと、やっぱり目障りなのとで保留にしてきたのだが……
まあ、無断使用されるほどの写真を撮っているかという問題はさておいて、デジタルデータである以上そういうことが起きても不思議はないと分かってはいたが、基本的にあまりうるさいことを言うのもアレだと思っているので、ここに公開してある画像は、当方へ「断りなく」使用しても構わないが、出典は明らかにしていただきたいというのが自分のスタンス。もちろん連絡していただければ、「出典を明らかにしていただく」という条件で快く承諾する。
いままでに「クレジットを入れたくなった」ケースというのは、写真そのものがメインコンテンツではない、たとえばテキスト内の話題へのカットとして使用しているケースがほとんどだったので黙認してきたが、まあそれでもうるさいことを言えばアウトな訳で、せっかくの御高説も基本的なルールから外れてしまったら説得力がなくなってしまうだろうと思うのだが、ましてや写真がネタな場で、撮影者たる自分以外がコピーライトを主張するような使用についてはさすがに許容範囲外だ。
とりあえずブログの方は既存の画像へも少しずつ入れていこうと思っているが、何せ数が多いので……抜本的な対策も検討している。

[ぼちぼち仙台港]の続きを読む
  1. 2010.05.16|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

でっかいシリーズ再開

NYK Aphrodite 100509しばらくチェックが疎かになっていた間に面子が変わったようなので、仙台港へ行ってでっかいコンテナ船シリーズを再開。きょうは「NYK Aphrodite」がやってきた。
このシリーズもようやく入港に合わせることができて、間近で見るとやっぱりでっかいねえ。

[でっかいシリーズ再開]の続きを読む
  1. 2010.05.09|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうはピンポイント作戦

啓風丸 100505連休最終日、せっかくだからとギャンブルで早朝から塩釜港。狙いは一目賭けで気象庁の海洋気象観測船「啓風丸」。そもそも本当に入ってくるかもいまひとつ自信がないまま、早着を見込んでかなり早く出動したけれど、ちゃんと期待値どおりの時刻に入ってきた。
今年度から気象庁の海洋気象観測船隊が縮小されるのは以前からメディアにも取り上げられていて御存知の方も多いと思うが、以前は塩釜でも何度か見掛けた函館海洋気象台の「高風丸」ほか小型船3隻が廃止、神戸海洋気象台所属だった「啓風丸」が本庁へ異動して、もともと東京ベースだった「凌風丸」と一緒に近海の観測も行うことになったそうだ。

[きょうはピンポイント作戦]の続きを読む
  1. 2010.05.05|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとだけ塩釜港

HL-04 天洋 100418仙台空港のほうは早々に切り上げて、流れでちょっとだけ塩釜港。
ちょうど、海保のHL-04「天洋」が「ざおう」と一緒に入ってきた。「ざおう」が着けるのを待っているような雰囲気だったので、並んで泊まるのかな~と思いきや……

[ちょっとだけ塩釜港]の続きを読む
  1. 2010.04.18|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リハビリ開始

第二昭南丸 100410きょうは天気もそこそこ、気温もそこそこで、ようやく復帰。ひこうきにするかふねにするかちょっと迷ったけれど、東風だったので飛行場はオミットしてちょっと塩釜。まあリハビリだ。
ドックにはおなじみの面子。急激に名の売れた「第二昭南丸」は、去年撮ったときと同じく「海幸丸」との並びで、これまた同じくケツ向けている。次のお仕事に備えてか、ファンネルマークもやっぱり同じくFRAに変更済み。

[リハビリ開始]の続きを読む
  1. 2010.04.10|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろまたお別れの季節

HL-01 昭洋 100124飛行場を早めに切り上げて、昼前後で塩釜港。ドックにHL-01「昭洋」が着けていた。見るだけなら割と簡単だけれど撮ろうとするとなかなか撮れないでいたフネで、ポート側は見るのも初めて。搭載艇のHL01-M2「マンボウII」も初捕獲だ。
その他、No.1ドックに入渠していたのはPL-06「くりこま」のようだ。

PLH-05 ざおう 100124ちょうど帰ってきたPLH-05「ざおう」。
きょうは「まつしま」「うみぎり」「しらはぎ」がいて、「くりこま」がドック入り、「すばる」がいない……「すばる」は動いているところを撮ったことがないので気になったが、時間的制約があって、後ろ髪を引かれつつ撤収。

写真とは直接関係ないタイトルをつけて恐縮なのだが、今年度も最後の四半期になって、巡視船艇の去就が気になり始めた。いま売払公示されているのは、去年八戸から小名浜へ異動したばかりのPM-79「あぶくま」と三管下田のPL-110「するが」、六管松山ですでに解役済みのCL-253「いよざくら」というところ。翻って竣工予定のはてるま型はPL-67が「あまぎ」、PL-68が「すずか」というウワサで、PL-69も今年度竣工だったかな? とから型はまだわからない。
まあ知っている人は知っているのだろうが、素人考えで少し先読みしてみると……先代「あまぎ」と言えば横浜にいたフネだが、2007年度に解役されてから現在まで後任なく、名前から言えば下田の方がしっくり来る訳で、PL-67が「するが」の後任であってもおかしくはない。PL-68が四管尾鷲のPL-119「すずか」を押し出すのは間違いないだろうが、これは解役になるかどうか。トコロテン方式になるような気がするので、もう少し様子見だ。問題は「あぶくま」だが……なつい型が2隻並ぶのかなあ。それもちょっとヘンな気がする。
ニ管って、最近もらった新造の巡視船は「でわ」、最新のフネは「すぎかぜ」なのか……そろそろ太平洋側にも1隻くらい、アシの速いのが来ても良いような気がするのだよね。
  1. 2010.01.24|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年仕事始め

第五十一潮丸 100104さて、西暦の10の位も繰り上がって2010年。今年もよろしくお願いします。
今年はカレンダーがあまりよくないが、きょうまで休みだったので仕事始め。何だかよくわからんが。
とはいえこれといって当てがあるわけでもなく、漫然と塩釜港。
港はすでに通常営業といった感じで、特にお年玉もなく、まったりと海を眺める時間の長い、至って平穏な仕事始めになった。

[2010年仕事始め]の続きを読む
  1. 2010.01.04|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろ盛り上がっているようだけれど

洸星丸 091017自分は地味に惰性で塩釜港。
あまりチェックしていなかったけれど、仙台漁業調整事務所の漁業取締船が代わったのかな? HPではこの「洸星丸」が紹介されている。
以前は沖縄とか西のほうにいたのかな?

[いろいろ盛り上がっているようだけれど]の続きを読む
  1. 2009.10.17|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思わぬ拾いモノ

NYK Phoenix 091012NYK Argus 090607NYK Lyra 090927きょうは月曜日だけれど、昨日気にしつつもひこうき優先としてしまった「NYK Phoenix」が台風18号の影響で1日遅れになったらしいので、これ幸いと捕獲。
ケツカッチンでキャッチになるような写真を撮らなかったので、P系列、A系列、L系列のそれぞれ船橋部分アップでお茶を濁す。
左から「NYK Phoenix」、「NYK Argus」、「NYK Lyra」。こうして見れば、それぞれキャラがある。


[思わぬ拾いモノ]の続きを読む
  1. 2009.10.12|
  2. きょうの仙台塩釜港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

まとめサイト

このブログのまとめサイト。

thomasのりもの写真(まとめ)

カテゴリ

サブカテゴリ(ひこうき・機種別)

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ユーザータグ

BOEING(1543)/RJAA(781)/RJSS(761)/JAL(649)/ANA(607)/AIRBUS(443)/海上保安庁(399)/B767(392)/B737(392)/B747(372)/B763(364)/B777(360)/RJTT(358)/B744(291)/横浜港(279)/B772(265)/AIR_SPECIAL(227)/塩釜港(191)/MCDONNELLDOUGLAS(189)/巡視船(180)/JR東日本(173)/B738(170)/AIR_FREIGHTER(153)/巡視艇(151)/仙台港(150)/BOMBARDIER(146)/東京港(140)/ANK(129)/A320(124)/A330(122)/タグボート(118)/第3管区(111)/RJBB(107)/RJSN(101)/第2管区(97)/ひめぎく型(96)/B773(95)/カーフェリー(92)/東北本線(91)/MD80(89)/B735(88)/すずかぜ型(87)/CCA(87)/NWA(87)/警備艇(警察)(84)/AAR(78)/RJOO(77)/JEX(75)/タンカー(72)/RJGG(71)/ROAH(69)/新潟港(68)/CRJ(68)/A300(68)/東北新幹線(68)/A306(68)/海上自衛隊(67)/A340(67)/B734(64)/A333(63)/RORO船(62)/ヘリコプター(61)/DH8D(60)/A332(59)/貨物船(59)/観光船(58)/B742(58)/UAL(56)/第1管区(56)/B744D(53)/AKX(53)/MD81(53)/槻木駅(52)/旅客船(50)/MD90(50)/KAL(50)/A343(50)/AJX(49)/B742F(48)/JLJ(48)/EVA(48)/COA(47)/白石蔵王駅(47)/国土交通省(47)/港湾管理業務船(46)/コンテナ船(45)/B73G(45)/JR貨物(44)/岩沼駅(42)/CRJ2(42)/MD11(40)/CSN(40)/RJSI(39)/IBX(39)/A321(38)/B744F(38)/八戸港(37)/MD11F(35)/EMBRAER(35)/RJSF(35)/SKY(34)/小名浜港(32)/CPA(32)/しれとこ型(32)/FDX(31)/CRF(31)/EH500(30)/E170(30)/STARALLIANCE(30)/MD87(29)/B757(29)/函館港(29)/ADO(29)/NXA(28)/CES(28)/B752(28)/BIZJET(28)/酒田港(27)/船岡駅(27)/E3系(26)/第9管区(26)/なつい型(26)/監督測量船(26)/CMI(25)/RJSK(25)/青森港(25)/鶴見サンマリン(24)/東海道新幹線(24)/JTA(24)/漁業調査船(24)/NCA(24)/小田原駅(24)/鹿島港(24)/ERJ(23)/小樽港(23)/RJCC(23)/CAL(23)/E2系(23)/警視庁(22)/舞鶴港(22)/神奈川県警察(21)/第4管区(21)/護衛艦(21)/ダム(21)/B762(21)/BELL(21)/苫小牧港(20)/宮城マリンサービス(20)/JAC(20)/常磐線(20)/RJTY(19)/JR東海(19)/水産庁(19)/第8管区(19)/日本郵船(19)/B743(19)/HDA(19)/クルーズ客船(19)/奥羽本線(18)/消防艇(18)/THA(18)/漁業取締船(18)/E721系(18)/B763F(18)/BEECH(18)/RJSC(18)/大阪港(17)/E4系(17)/練習船(17)/SIA(17)/つがる型(16)/DLH(16)/AEROSPATIALE(16)/AAL(16)/第7管区(16)/TUPOLEV(16)/FOKKER(15)/A319(15)/F50(15)/監視取締艇(15)/丸文松島汽船(15)/航空自衛隊(15)/B733(15)/佐渡汽船(15)/BAW(15)/川崎近海汽船(15)/重力式コンクリートダム(15)/石巻港(14)/山形新幹線(14)/400系(14)/名古屋港(14)/第5管区(14)/釜石港(14)/報道ヘリ(14)/CRJ1(14)/むらくも型(13)/KSFO(13)/北白川駅(13)/ED75(13)/太平洋フェリー(13)/測量船(13)/えりも型(13)/レストラン船(13)/セメント運搬船(13)/陸上自衛隊(13)/室蘭港(13)/昭和油槽船(13)/T154(13)/税関監視艇(13)/海保ヘリ(13)/RJCO(13)/らいざん型(12)/東白石駅(12)/東京汽船(12)/AFR(12)/山形駅(12)/第6管区(12)/大河原駅(12)/ダイトーコーポレーション(12)/CRJ7(12)/SAAB(12)/宮城県(12)/ウィングマリタイムサービス(12)/鳥羽港(12)/蔵王駅(12)/フジトランス(12)/名取駅(11)/南仙台駅(11)/水産実習船(11)/SNJ(11)/LPGタンカー(11)/川崎港(11)/AUA(11)/ハイドロフォイル(11)/栗林商船(11)/東日本フェリー(11)/新日本海フェリー(11)/釧路港(11)/SF34(11)/航空救難団(11)/とから型(11)/小山駅(11)/700系(11)/A346(11)/上越新幹線(10)/EF81(10)/水産総合研究センター(10)/USAF(10)/BCF(10)/大阪府警察(10)/ばんな型(10)/ACA(10)/B412(10)/UPS(10)/GULFSTREAM(10)/AFL(10)/太平洋セメント(10)/はてるま型(10)/掃海艇(10)/港湾業務艇(10)/川崎重工業(10)/おりおん型(9)/AZA(9)/719系(9)/トヨフジ海運(9)/B739(9)/300系(9)/横須賀長浦港(9)/熊谷駅(9)/はやなみ型(9)/鹿島埠頭(9)/敦賀港(9)/VIR(9)/航海訓練所(9)/PAL(9)/川崎汽船(9)/研究船(9)/DC10(9)/LOCKHEED(9)/はやぐも型(9)/第10管区(9)/KIAD(9)/建造中の船(9)/青函フェリー(9)/浦賀水道(9)/漁船(9)/DH8C(9)/貨客船(9)/防災ヘリ(9)/SIKORSKY(8)/FIN(8)/あかぎ型(8)/秋田港(8)/VLK(8)/清水港(8)/ひだ型(8)/秋田新幹線(8)/福島駅(8)/SFJ(8)/HVN(8)/気仙沼港(8)/アメリカ海軍(8)/東京消防庁(8)/ユーロコプター(8)/B350(8)/旭タンカー(8)/常滑港(8)/CESSNA(8)/油回収船(8)/583系(8)/三菱重工業(8)/日本海洋社(7)/清掃船(7)/ポートサービス(7)/CITATION(7)/ニュー松島観光船(7)/AS365(7)/松島ベイクルーズ(7)/ANZ(7)/C560(7)/解役巡視船艇(7)/SAS(7)/KLM(7)/横浜税関(7)/上野トランステック(7)/GLF5(7)/鈴与海運(7)/びほろ型(7)/津軽海峡フェリー(7)/シルバーフェリー(7)/北海道警察(7)/CSH(7)/SWR(7)/海洋研究開発機構(7)/塩釜市営汽船(6)/MAS(6)/芝浦通船(6)/信越本線(6)/417系(6)/しんざん型(6)/B764(6)/JR西日本(6)/愛知県警察(6)/救難ヘリ(6)/北海道(6)/十勝港(6)/根室港(6)/鳥羽市(6)/つるぎ型(6)/USMC(6)/日本タンカー(6)/FDA(6)/警察ヘリ(6)/KIAH(6)/商船三井(6)/ANTONOV(6)/北日本海運(6)/神戸港(6)/MD82(6)/455系(6)/ぽおらすたあ型(6)/阿武隈急行(6)/しきしま型(6)/485系(6)/JFE物流(6)/701系(6)/東京都港湾局(6)/大船渡港(6)/日本海曳船(6)/8100系(6)/日立港(6)/自動車運搬船(6)/千葉港(6)/商船三井フェリー(6)/作業船(6)/よど型(5)/200系(5)/山形県(5)/東海運(5)/砂利運搬船・ガット船(5)/キハ100系(5)/ダム(福島県)(5)/井本商運(5)/伏木富山港(5)/RAC(5)/B212(5)/塩釜港船舶給水(5)/B190(5)/砕氷艦(5)/SINOTRANS(5)/KORL(5)/KHB(5)/対戦車ヘリ(5)/福島県(5)/THY(5)/大島汽船(5)/あさぎり型(5)/QFA(5)/P-3(5)/岩手県(5)/RJNT(5)/GIA(5)/東港サービス(5)/A124(5)/酒田市営(5)/東京大学(5)/AIC(5)/オフショア・オペレーション(5)/塩釜市(5)/EC135(5)/あきづき型(5)/A310(5)/東日本タグボート(5)/宝洋海運(5)/監視艇(5)/大洗港(5)/岩船港(5)/JAZ(4)/横須賀港(4)/JAA(4)/金沢港(4)/イースタン・カーライナー(4)/宮古港(4)/AS332(4)/津エアポートライン(4)/B788(4)/ANH(4)/LNGタンカー(4)/BN2(4)/MU-2(4)/東海汽船(4)/商船三井客船(4)/東京湾フェリー(4)/ホンダロジスティクス(4)/やまゆり型(4)/久里浜港(4)/あそ型(4)/砕氷船(4)/日本ガスライン(4)/気象庁(4)/MSR(4)/DH8A(4)/日本海内航汽船(4)/B200(4)/CEB(4)/海洋気象観測船(4)/ウトロ港(4)/BPA(4)/いわきディクルーズ(4)/プッシャーバージ(4)/AH-1S(4)/伊良湖港(4)/東船岡駅(4)/ALK(4)/FALCON900(4)/A342(4)/THT(4)/通船(4)/ミサイル艇(4)/留萌港(4)/はやぶさ型(4)/那珂湊漁港(4)/みずほ型(4)/B787(4)/N700系(4)/UAE(4)/DASSAULT(4)/すがしま型(4)/中日本航空(4)/報道機(4)/伊勢湾フェリー(4)/ダム(山形県)(4)/F-16(4)/CRK(4)/APJ(4)/はつゆき型(4)/ポートカナベラル(3)/CH-46(3)/東邦航空(3)/KABE(3)/日本クルーズ客船(3)/C130(3)/大洋エーアンドエフ(3)/紋別港(3)/灯台見回り船(3)/GLF4(3)/七尾港(3)/BAE(3)/DAL(3)/IDE(3)/FishingCompanyofAlaska(3)/E175(3)/JCAB(3)/第11管区(3)/B762F(3)/女川港(3)/IRA(3)/郵船クルーズ(3)/網走港(3)/BDSF(3)/港湾業務船(3)/SBI(3)/酒田曳船(3)/キハ40系(3)/ABX(3)/A380(3)/斎藤海運(3)/仙台空港鉄道(3)/仙台空港線(3)/直江津港(3)/羽越本線(3)/USA(3)/第一中央汽船(3)/UIA(3)/むらさめ型(3)/VDA(3)/粟島汽船(3)/AHK(3)/SAT721系(3)/青森県(3)/宮ヶ瀬湖(3)/シーライン東京(3)/調査船(3)/ダム(神奈川県)(3)/横浜市港湾局(3)/逢隈駅(3)/消防船(海保)(3)/ダム管理業務船(3)/はましお型(3)/検疫艇(3)/シィライン(3)/はまぐも型(3)/ひうち型(3)/厚生労働省(3)/多用途支援艦(3)/宮城県警察(3)/UH-60(3)/U125A(3)/AS355(3)/音響測定艦(3)/B125(3)/新潟県警察(3)/共栄運輸(3)/アーレイ・バーク級(3)/ロックフィルダム(3)/MDA(3)/航路標識測定船(3)/LEARJET(3)/KV-107(3)/LR-1(3)/MAH(3)/日鐵物流(3)/うわじま型(3)/駆逐艦(3)/仙台駅(3)/住友大阪セメント(3)/仙台空港駅(3)/RSSC(3)/S-76(3)/銚子港(3)/勝田駅(3)/717系(3)/T204(3)/苫港サービス(3)/ダム(岩手県)(3)/C90(2)/いそかぜ型(2)/雄洋海運(2)/設標船(2)/ほくと型(2)/AGUSTA(2)/大阪市消防局(2)/明洋型(2)/651系(2)/新和内航海運(2)/日藤海運(2)/雄飛航空(2)/輸送ヘリ(2)/あぶくま型(2)/東北エアサービス(2)/大阪航空(2)/セントレア桟橋(2)/AS350(2)/B206(2)/B74S(2)/フランス海軍(2)/道南自動車フェリー(2)/大王海運(2)/AMX(2)/A345(2)/プリンス海運(2)/那覇港(2)/監督船(2)/BBC(2)/日本海運(2)/ADB(2)/磐越西線(2)/AMT(2)/AKW(2)/AIRTRANSSE(2)/E1系(2)/NAMC(2)/ジェネック(2)/新日本石油タンカー(2)/UZB(2)/イイノガストランスポート(2)/三菱製紙(2)/名古屋税関(2)/YS11(2)/川崎市港湾局(2)/こんごう型(2)/伊勢湾防災(2)/練習艦(2)/エスコート船(2)/T214(2)/曳船58号型(2)/女川湾(2)/RJBE(2)/R44(2)/QTR(2)/OTG(2)/御前崎港(2)/福島県警察(2)/久慈港(2)/SH-60(2)/VH-60(2)/宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(2)/泉汽船(2)/十和田湖観光汽船(2)/OH-1(2)/試験艦(2)/観測ヘリ(2)/山形県警察(2)/京都府(2)/新潟県(2)/パイロットボート(2)/東京湾水先区水先人会(2)/CMA_GCM(2)/釜石市(2)/CNC(2)/なつぎり型(2)/宮津港(2)/京都府警察(2)/山根海運(2)/ケミカルタンカー(2)/ダム(宮城県)(2)/青森県警察(2)/十和田湖(2)/函館税関(2)/横浜市安全管理局(2)/Thailine(2)/ひゅうが型(2)/港務艇(2)/RoRoLine(2)/OEA(2)/ROBINSON(2)/渡船(2)/E653系(2)/海洋産業(2)/室蘭マリンサービス(2)/E120(2)/北海道ポートサービス(2)/北日本曳船(2)/GXY(2)/HAC(2)/GLEX(2)/松島港(2)/ひらしま型(2)/E26系(2)/DOUGLAS(2)/羽幌港(2)/CJC(2)/CH-47(2)/海技教育機構(2)/羽幌沿海フェリー(2)/CKK(2)/CL60(2)/苫小牧海運(2)/東邦海陸運輸(2)/DC87(2)/DC10F(2)/CXA(2)/松島島巡り観光船企業組合(2)/たかつき型(2)/塩釜地区消防事務組合(2)/羅臼港(2)/北越急行(2)/道東観光開発(2)/ダム(新潟県)(2)/MGL(2)/あまみ型(2)/石狩湾新港(2)/KC-10(2)/JBU(2)/海洋曳船(2)/NTH(2)/北部まき網漁業(2)/錦江航運(1)/おおすみ型(1)/潜水艦(1)/重力式アーチダム(1)/仙台市消防局(1)/湘南港(1)/茨城県警察(1)/うらが型(1)/ゆうばり型(1)/伊豆諸島開発(1)/長浦港(1)/OOCL(1)/丸住製紙(1)/はるしお型(1)/APL(1)/輸送艦(1)/東海大学(1)/コスモ海運(1)/複合ダム(1)/タイヨウ汽船(1)/掃海母艦(1)/はつしま型(1)/N763(1)/フリゲイト(1)/アースダム(1)/はるな型(1)/東北水力地熱(1)/関西空港ポートターミナル(1)/ダム(秋田県)(1)/フロレアル級(1)/中国海事局(1)/室蘭通船(1)/徳山海陸運送(1)/はたかぜ型(1)/三洋海事(1)/佐藤漁業(1)/横浜コンテナライン(1)/秋田県(1)/チップ輸送船(1)/RJEB(1)/花咲港(1)/浦河港(1)/保存船(1)/石狩湾新港サービス(1)/尾岱沼港(1)/フライアッシュ運搬船(1)/太平洋汽船(1)/AZIMUT(1)/RJSY(1)/GLOVIS(1)/渋田海運(1)/神原ロジスティクス(1)/クルーザー(1)/春風海運(1)/UC-35(1)/日洋海運(1)/水中処分母船1号型(1)/石川県警察(1)/高岡市消防本部(1)/支援船(1)/輪島港(1)/エスパルスドリームフェリー(1)/いわみ型(1)/あそぎり型(1)/小木港(石川)(1)/補給艦(1)/E5系(1)/NJA(1)/JNA(1)/興亜海運(1)/富山県(1)/シーパル女川汽船(1)/調査実習船(1)/黒田産業海運(1)/セラヴィ観光汽船(1)/常滑ミナトライン(1)/加藤海運(1)/WANHAI(1)/有村産業(1)/東京都(1)/NGSCO(1)/IMT(1)/警戒船(1)/パシフィックマリンサービス(1)/24系(1)/東都海運(1)/第一タンカー(1)/正栄海運(1)/東京水辺ライン(1)/ANG(1)/HAL(1)/名門大洋フェリー(1)/極洋水産(1)/出光タンカー(1)/田渕海運(1)/東北大学(1)/Hapag-Lloyd(1)/伊良湖水道(1)/名鉄海上観光船(1)/衣浦港(1)/三河港(1)/神戸リゾートライン(1)/福岡県(1)/山口県(1)/長崎県(1)/日産専用船(1)/津久井湖(1)/SYKORSKY(1)/SHU(1)/SB20(1)/TAI(1)/USARMY(1)/AIB(1)/USNAVY(1)/SASCO(1)/AMU(1)/AT43(1)/ATN(1)/ATR(1)/PAC(1)/PIA(1)/AN22(1)/RCI(1)/YAKOVLEV(1)/YK40(1)/警備艦艇(海外)(1)/しようこう型(1)/ロシア国境警備局(1)/日本海洋(1)/海事広報艇(1)/A-10(1)/A109(1)/青森曳船(1)/ミストラル級(1)/強襲揚陸艦(1)/警備艇(入管)(1)/入国管理局(1)/ACI(1)/東京海洋大学(1)/朝日航洋(1)/MBB(1)/OAE(1)/NKS(1)/E190(1)/E145(1)/E135(1)/EA-6(1)/EDW(1)/F-15DJ(1)/B753(1)/DHL(1)/DH8B(1)/CCL(1)/C-1(1)/C-12(1)/CHP(1)/BK117(1)/DCL(1)/CYZ(1)/FJI(1)/HKE(1)/LRO(1)/LR-2(1)/LOT(1)/MD88(1)/MH2000(1)/静岡県警察(1)/MU-300(1)/B732(1)/L101(1)/JAXA(1)/ICE(1)/B741(1)/JIA(1)/KAP(1)/JR北海道(1)/E531系(1)/小浜港(1)/三洋物産(1)/練習機(1)/小笠原海運(1)/荒川水力電気(1)/HK100形(1)/ケーブル敷設船(1)/国際ケーブル・シップ(1)/C57(1)/神奈川県(1)/たちかぜ型(1)/山ノ目駅(1)/平泉駅(1)/たかなみ型(1)/那須塩原駅(1)/亘理駅(1)/大宮駅(1)/潜水艦救難母艦(1)/掃海艦(1)/日本鯨類研究所(1)/興洋海運(1)/兵機海運(1)/近海郵船物流(1)/消防艇(海保)(1)/白井汽船(1)/ぬのびき型(1)/POT(1)/AW139(1)/681系(1)/救難艦(1)/寺泊港(1)/115系(1)/九州マリン(1)/高速輸送船(1)/刈和野駅(1)/エムイー海運(1)/岩手県警察(1)/日本マリン(1)/大槌港(1)/住若海運(1)/霧島汽船(1)/大阪水上バス(1)/キャプテンライン(1)/三豊運輸(1)/徳栄海運(1)/釜石線(1)/大阪税関(1)/福井県警察(1)/輸送艇(1)/輸送艇1号型(1)/PIL(1)/特務艇(1)/両津港(1)/新潟市消防局(1)/洞海マリンシステムズ(1)/BEOING(1)/日立市消防本部(1)/ダム(茨城県)(1)/マロックス(1)/英雄海運(1)/峰吉川駅(1)/E955形(1)/はつひかり型(1)/新潟西港(1)/日本チャータークルーズ(1)/東京税関(1)/千葉市消防局(1)/退役護衛艦(1)/しらうめ型(1)/鳳生汽船(1)/

RSSフィード

プロフィール

thomas

Author:thomas
のりもの(主にひこうき)の撮影記録。
まとめサイト公開しました。