thomasのりもの写真

仙台ベースののりもの写真いろいろ。

ちょっと忙しくて

PM-13いしかり 110829このブログは1ヶ月間新規エントリがないと広告が出る仕様になっていて、いままではネタが不振だったりしてもお茶濁しのエントリを立てて広告を回避してきたのだけれど、今回は間に合わず。
ここのところちょっと忙しくて、自宅でPCに触れる時間があまり確保できていない。湿りがちのアンテナを補うようにタレコミももらっていたのだが、疲労もあって休日は休養日となってしまっている。来週あたりでようやく最初の峠は越せそうかな……という雰囲気だが、具体的な作戦計画まではまだ頭が回らない。

で、やっぱりお茶濁しになってしまうのだけれど、広告を出しておくのは口惜しいので、ようやく開封できた雑誌の記事から。
海保関連では、今年度以降新型船艇の話題が増える傾向にあるわけだが、情勢的には震災対応と並行して南西シフトというテーマもある。10月8日付けで、以前からウワサのあった七管福岡のPL-62「はかた」が11管石垣へ異動して「いしがき」に、続けて10月15日には一管釧路のPM-13「いしかり」が七管福岡へ異動、「むろみ」となったようだ。
「いしかり」については「元かの」になる前に撮っときゃよかった……と後悔したものだが、今回は夏のうちに釧路で押さえておく事ができた。なつい型は比較的東日本寄りの配置になっていて、この夏の遠征でひととおり確保に成功したが、これから先は解役間近の異動が増えるのかもしれない。

春は震災で、秋は仕事でベストシーズンを棒に振ってしまったが、まあ前半の日程の狂いのしわ寄せが来るのは分かっていたことではあるし、仕方がない。来年は平穏であってほしいものだが……
  1. 2011.10.29|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊勢湾フェリー存続

知多丸 100725先月の遠征でテーマとした伊勢湾フェリー、9月末で航路廃止・解散の発表以降、地元自治体などが存続の方向で協議を続けていたが、10月からの存続が正式に決定したようだ。
現在の親会社である近鉄と名鉄が資本撤退と債権放棄、株式の過半数を現経営陣が取得するMBOで、地元自治体は株式の一部取得と経済的支援を行うことになった。まずは危機を回避できたというところか。
のりもの写真的には、まあ撮っておいて損をするものでもなし、幸い条件にも恵まれたことだし、よいきっかけだった。

[伊勢湾フェリー存続]の続きを読む
  1. 2010.08.21|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おなじかな?

第五金力丸 100619第三大越丸 090228土曜日に撮った鈴与の「第五金力丸」、どうも、以前撮った「第三大越丸」(ブログでは未紹介)とおなじフネのような気がする。
鈴与のHPではまだ「第三大越丸」が紹介されていて「第五金力丸」は登場していないが、こうして並べてみると確かにおなじに見える。関係者は鈴与と金力汽船で変わらず、船名だけ変わったようだ。
  1. 2010.06.21|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶濁し

あぶくま 091123ここのところいろいろ不調で、かれこれ4週間近く写真を撮っていない……今週末も写真抜きの予定なので、ここらでちょっとお茶濁し。
3月と言えば年度末ということで、海保の新造船関係の動向が概ね明らかになってきた。東北地方での目玉は、福島転属後わずか1年で解役となった先代PM-79を襲う新「あぶくま」が、とから型PM-31となったことだろうか。いままでの流れで行くとまたお下がり(あまみ型ならウェルカム)かとも思っていたが、とから型ファンとしては目出度い限りだ。
一昨日あたりに姉妹船PM-32「みなべ」(こちらはまあそうだろうなと思ってはいた)とともに海保へ引き渡されたはずで、いまならもしかすると横浜あたりにいるのかもわからないが、今回の不調はちょっと根が深そうなので、ショック療法でギリギリ我慢できなくなるまで放置プレイ……とか何とか言って、次の週あたりでトンネルを抜けてしまうかもしれないが。
写真は去年小名浜で撮った、先代「あぶくま」。用事のついでに寄ったのだが、最後にアクティブな姿を撮れたのは幸いだった。びほろ型もそろそろ残り少なくなってきたが、次は当然なつい型の番ということで、未捕獲船も気になるが、このままとから型でリプレイスを進めるのかどうかも気になるところではある。
  1. 2010.03.10|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Мистраль?

Mistral_080413きょうはカウンタが異常に伸びていたので、こりゃ成田へ来たでっかいひこうきでも間違ってひっかかっているのかなと思いきや、ひっかかっていたのは「ミストラル級揚陸艦」。
しばらく前からちらちらと話題に上っていた、フランス海軍がミストラル級強襲揚陸艦をロシアへ売るというネタを読売がフォローしたのが原因だろう。ま、これもJAL・デルタと同じでまだ公式発表ではないみたいで、要経過観察だ。
「さらに3隻建造計画」というが、まあすでに計画のある3番艦と4番艦を含めて、売っ払った分の代艦を入れて4隻体制を維持するということなのだろうな。

どこも似たり寄ったりではあるが、フランス海軍てば殊更予算で苦労しているイメージがあるが、大規模な修繕や更新をして使い続けるより、売れるうちに売っちゃって、よりアップデートされた同型艦を新造したほうがお得なのかなあ。まあフランスの武器外交も昔からちょっと変わっているのだが。

ひこうき関連じゃきょうは成田のでっかいのの話題で持ちきりのようだが、何気にボーイングが747-8の初飛行を成功させていたりもするようだ。787でさんざんミソついているだけにこちらはあまり目立っていないが、実はこれもスケジュール遅れているのだよな。787も747-8Fも日本の航空会社がローンチカスタマだが、さてどちらが先に飛んでくるのか……
  1. 2010.02.09|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

18DDH進水

雷に当たってトバされた初代は最近撃沈されたとか聞いたが、入れ替わりに(?)きょうは18DDH、DDH-182の命名・進水式があった。
最大の関心事であるところの艦名、今回は大本命があるものの16DDHのときに書いたように個人的にはいまひとつピンと来なくて、かといってその他の候補もしっくり来るものがなく。命名規則が変わったとはいえさすがに「みらい」はない訳だが……結局ごく順当に「いせ」となった。さすがは海軍さん、伝統墨守だ。
まあ規則改訂自体、アメリカみたいに人名が使えるとかイギリスみたいに形容詞が使えるとか、これまでの路線からブッ飛んだ命名が可能になる訳ではなく、むしろより伝統墨守を可能とする内容ではある。
[18DDH進水]の続きを読む
  1. 2009.08.21|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一期一会とは言うけれど

つばさ 060717新潟遠征終了後の整理をしながら過去の新潟港の交戦記録を振り返っていたら、新潟港デビュー戦の2006年7月17日のデータで目にとまるものがあった。
メインの被写体は佐渡汽船のジェットフォイル「つばさ」がタッチダウンせんとする姿なのだが、その向こうに新潟造船で建造中のフネが写っている。白い船体にコールサインが大書きされているが、この「7JBL」というのはどこかで……

北勝丸 090322これだ。FRAの「北勝丸」だ。
「北勝丸」は新潟造船で2006年9月21日竣工だから、建造中の姿で間違いないだろう。
もちろん上の写真を撮った時点ではそれが何だかわからなかったが、自分のレンジ外の漁船っぽかったし、尻向けていたしで、単体では撮らなかったような気がする。

世のなか一期一会とはよく言うが、縁は異なもの味なものとお釈迦様も(?)おっしゃっていることであるし、あとになって興味の対象になることもないとは言えないから、やっぱり建造中のフネも念のため撮っておくべきなのだなあ。
  1. 2009.04.21|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まちがいさがし

CL-125 090124土曜日に塩釜へ行って、約半年ぶりに撮ったCL-125「しらはぎ」。
何かヘンだな~と思いつつよくわからなくてスルーしていたが、ようやくわかった。

[まちがいさがし]の続きを読む
  1. 2009.01.26|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水上バス大活躍

今朝は起きるなりニューヨークでのUSエアウェイズ不時着水のニュースに接することになったが、いまのところ死者なし、重傷者もない「奇跡的」な結末のようでまずはなによりだ。
この時期の不時着水というと(不時着水というより川への墜落だけれど)ワシントンD.C.でのエアフロリダを思い起こしてしまうが、おそらくジョージ・ワシントン・ブリッジの南、イントレピッドミュージアムの前あたりと思われるこの付近のハドソン川には橋がなく、川幅も広いから、LGAからマンハッタンの中心部をぐるりと迂回して着水できたのは、運航要員のGJはもちろんとしても、やはり幸運だったのだろう。

ところで、海外経験はほとんどない自分だが、実はこのあたりは2005年に行ったことがある。
着水後、主翼上や機体に並んで救助を待つ乗員乗客のもとへ多くの船舶が駆けつける映像のなかに、この目で見たおぼえのあるようなフネが活躍している姿を見つけたので、コンデジ撮影の写真だが何隻か紹介する。

Robert Fulton 050524NY WATERWAYの「ROBERT FULTON」。この写真は確か西39番街のフェリーターミナル、つまり今回の着水現場のごく近くで撮ったのではないかと思う。
ここは観光クルーズや対岸のニュージャージー州への水上バスの発着場で、こんな感じのフネがたくさん出入りしている場所。偶然だろうが、着水するにしても非常に恵まれた場所だったと言えるだろう。
Circle Line X 050524こちらはNYWWのクルーズ船上から撮った、CIRCLE LINEの「CIRCLE LINE X」。これはリバティ島行きの便だったかな?
ハドソン川の水上バスオペレータや水上タクシーは、9.11の救助活動でも活躍していて、彼ら自身それを誇りにしている。今回も報道陣に「考える前に動く、手持ちの船を全部出した」と言っていたが、やはりかつての経験がいまでも活きているのだろう。救助が遅れればエアフロリダの時のような溺死者や凍死者も懸念された状況下、着水後10分程度で彼らを先陣として救助が開始されたそうだ。
WYTL65611 050524USCGC LINE(WYTL65611)。コーストガードの65ft型タグで、現場から10マイルほど? 南のニュージャージー州Bayonneに配備されているようだ。

今回の事故では不幸中に最大限の幸いを確保できたが、さすがに(?)ニューヨークともなると、いろんなことが起こるものだ……
  1. 2009.01.16|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本フェリー終了

びなす 080504きょうで11月もおしまい、マスメディアでは0系新幹線の定期運行終了が大きく取り上げられていたが、北の方では東日本フェリーがきょうで運行を終了する。
青函航路と大間航路については道南自動車フェリーが運航を引き継ぐが大間航路については期限付き、青蘭航路は廃止となる。
ひと足先に運行を終えた高速フェリー・ナッチャン姉妹の再就職先もまだ決まっていないようだが、在来船4隻のうち少なくとも1隻は余剰となる。明日から仕事がなくなるのは「びなす」ということになるが、船齢などからするといちばんつらい立場なのは「ばにあ」ということになるのだろう。「びなす」の姉妹船「ほるす」も転職先で成功しているとは言いにくい状況のようだが、在来船であれば転職先は(選ばなければ)何とかなるものだろう。ただ、日本出身のフェリーが(主に南の方の)意外なところで不幸な最期を迎えるケースもたまに目に付くので、無事を祈るのを忘れてはいけないだろう。

基本的には今回の経緯はある程度やむをえないだろうというのが自分のスタンスだが、燃料代は一時よりもずいぶん落ち着いてきて、情としてはやはり早まったのではないかという気持ちも沸いてくる。もちろん情勢的には好材料が薄くて、ホールディングス的には踏み止まったところで近い将来事態が改善されるという確証が得られないのだろうが、設備投資の進捗と経営判断の足並みも揃わず、まあいろいろあるのだろうな……というあまり良いとはいえない印象が残る結末になった。
大間航路は何とか暫定で運行継続を確保したが、同じ下北半島北部ではシィラインが遅れていた新造船を11月13日に就航させた。いずれも公的資金が投入されているわけだが、このあたりももう少しやりようがあるのではないかと感じる。
ここに限らず、地方の公共交通機関というのは大なり小なり似たような苦境にあるわけで、ここよりも人知れず消えてゆく路線の方が多いだろう。今回のケースもまだすべてが終わったわけではないが、公共交通機関を中心に、四半期半期の決算で動く企業と、公的機関、利用者の関係を考える事例のひとつとして記憶したい。
  1. 2008.11.30|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナッチャンがね……

ナッチャンRera 080504新聞などの報道によると、東日本フェリーが11月末までに青森-北海道航路から撤退することになったようだ。
もともと東日本フェリーは経営再建中の身、決して余裕のある状態ではなかったのだろうが……

[ナッチャンがね……]の続きを読む
  1. 2008.09.05|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

海上保安庁船艇100隻

先月末に捕獲した「ざおう」が海上保安庁船艇99隻目と書いたが、その後集計しなおしてみると、タヌキに化かされて皮算用で終わったものや、逆にリストから漏れていたものなどがあって、差し引きしてみると、今回の遠征終了時点でちょうど100隻になったようだ。
海上保安庁の保有船艇は約440隻だそうで、100隻ではまだまだ道半ばにも程遠いが……

ひだ 061015自分の海上保安庁初捕獲は2006年9月、新潟でのPL-51「ひだ」だった。
この頃はまだメインのネタがひこうきで、ふねはフェリー中心。このときのメインテーマも新潟空港のTu-154、新潟港で早朝入港の新日本海フェリー「らいらっく」だった。
「ひだ」は雑誌で見て興味を持っていたのだが、新潟空港のデッキから入港する姿を見掛けたのであわてて港へ飛んでいったもののもちろん間に合わず、岸壁に納まったところを何とか押さえる。光線条件は悪くないもののイマイチ感が強く、翌々週の新潟リトライでは大幅なふねシフトを敷くことになった。
きたかみ 080816100隻めは釜石でのPM-02「きたかみ」。
去年あたりからかなりふね気味な行動パターンになって、ひこうき絡みにしても港のある場所で併せ技狙いをするようになり、暮れの鹿島灘方面遠征あたりからはついにふねオンリー、しかも海上保安部・署のあるところを点々とするようになってしまった。今年に入ってからは横浜・東京を3セット、青森・八戸、舞鶴・敦賀、そして今回の三陸と、ひこうきそっちのけで港めぐりを繰り返している。

自分の場合、写真撮影についてはひこうきが先行していたが、趣味歴で言えばふねの方がかなり長い。
ひこうきの撮影に飽きたというわけでもないつもりなのだが、若干の停滞感がなくもなく……倦怠期というヤツだろうか。
もちろんどちらが本妻というわけでもなし、浮気したからといって怒られるわけでもなし、自分のココロのままに行動してよいのだ。

その「自分のココロ」、まだしばらくは港にあるようで、今月中にもうひと押しかふた押しする予定だ。
  1. 2008.08.20|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「やまびこ」事故

やまびこ 080211きょうは松島ベイクルーズの「やまびこ」がぶつけてしまって怪我人が出たそうな……
自分が松島観光船に乗ったのはむかしむかしのことで記憶も定かでないが、競って浅瀬に入ってゆくようなところがあるようだしなあ。
このせいか、きょうの検索キーワードは「やまびこ」関係がダントツトップになっていたが、こういう風に注目を集めて欲しくはないものだ。
  1. 2008.05.19|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

16SSは「そうりゅう」

すっかり忘れていたが、昨日12/5は海上自衛隊の新型潜水艦(16SS)の進水・命名式があって、「そうりゅう」と命名された。

う~~~~~~~ん……

旧館のエントリで、海上自衛隊の潜水艦名に「りゅう」はアリ、というのを書いていたように、個人的に「りゅう」シリーズ自体は驚かないのだが、正直、ここで来るとは思っていなかった。
これも個人的に、「りゅう」となったらそりゃ戦○原○、せめて攻○原○くらい……と思っていたのだよなあ。

まあそんなこと言っていたら、自分が生きている間には無理っぽいし、16SSもスターリングエンジン搭載のエポックメーカと言えば言えるので、妥協点なのかなあ。
でもAIP潜なんて、ドイツ行けば買えるしなあ。

まあ何にしても、「ひゅうが」でDDの地方名解禁、「しらせ」で事実上の襲名解禁、そして今回SSの海棲動物解禁と、ルールの原則は維持しつつ、従来の慣例からは一歩踏み出した命名が続いている。しばらくは読みにくい状態が続きそうだ。
  1. 2007.12.06|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

17AGBは「しらせ」襲名

AGB5002しらせ 070903きょう、かねてから公募されていた次期南極観測船の船名が発表になった。
明日から最後の南極行に出発するAGB-5002と同じ「しらせ」を襲名するそうだ。
本来、自衛艦としては現役艦艇の襲名は出来ないはずだが文部科学省予算ではあるし、南極がらみの名前というのは自分にもピンと来るものがなくて、日本の南極観測船はこのまま代々「しらせ」でも良いのかな~とは思う。

[17AGBは「しらせ」襲名]の続きを読む
  1. 2007.11.13|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16DDH進水

お盆の猛暑で体調を崩して連休は半分以上グダグダしていたり、ひこうきは事故があったりしたけれど、きょうは前向きな話題で海上自衛隊の16DDHの進水式。
本日1500時より執り行われた進水式・命名式で、DDH-181「ひゅうが」と発表された。
[16DDH進水]の続きを読む
  1. 2007.08.23|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

15DDGはあしがら

仕事から帰ってこのブログのコメントをチェックしようとしたら、カウンタがいつになく跳ね上がっている……普段は見もしないアクセス解析を覗いてみると、「あしがら」が引っ掛かりまくっていました。忘れていましたが、きょうは長崎でイージス護衛艦(15DDG)、DDG-178の進水式がありました。

艦名は「あしがら」。
以前旧館のほうで、「あしがら」か「はぐろ」と予測してしまっていたので、ほっとしています。まあ極めて順当な命名なので、はずす心配はあまりしていなかったのですが。

当然足柄山にちなんだということでしょうから、コールサインは「ゴールデンボーイ」あたりで決まり! か?
  1. 2006.08.30|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RSSCが社名変更

きょうは「世界の艦船」発売日。とりあえず斜め読みして目についた記事が、「ラディソンが社名を変更」。

去年仙台港で撮った"Seven Seas Mariner"を運航するアメリカの船会社、Radisson Seven Seas Cruises(RSSC)が、社名とブランド名を"Regent Seven Seas Cruises"に変更するんだそうです。RSSCは大手ホテルチェーンのリージェントグループと同じ資本だそうで、ブランドを統一するそうです。船名は変わらなさそうですね。
  1. 2006.04.25|
  2. ふねの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ内検索

まとめサイト

このブログのまとめサイト。

thomasのりもの写真(まとめ)

カテゴリ

サブカテゴリ(ひこうき・機種別)

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ユーザータグ

BOEING(1543)/RJAA(781)/RJSS(761)/JAL(649)/ANA(607)/AIRBUS(443)/海上保安庁(399)/B767(392)/B737(392)/B747(372)/B763(364)/B777(360)/RJTT(358)/B744(291)/横浜港(279)/B772(265)/AIR_SPECIAL(227)/塩釜港(191)/MCDONNELLDOUGLAS(189)/巡視船(180)/JR東日本(173)/B738(170)/AIR_FREIGHTER(153)/巡視艇(151)/仙台港(150)/BOMBARDIER(146)/東京港(140)/ANK(129)/A320(124)/A330(122)/タグボート(118)/第3管区(111)/RJBB(107)/RJSN(101)/第2管区(97)/ひめぎく型(96)/B773(95)/カーフェリー(92)/東北本線(91)/MD80(89)/B735(88)/すずかぜ型(87)/CCA(87)/NWA(87)/警備艇(警察)(84)/AAR(78)/RJOO(77)/JEX(75)/タンカー(72)/RJGG(71)/ROAH(69)/新潟港(68)/CRJ(68)/A300(68)/東北新幹線(68)/A306(68)/海上自衛隊(67)/A340(67)/B734(64)/A333(63)/RORO船(62)/ヘリコプター(61)/DH8D(60)/A332(59)/貨物船(59)/観光船(58)/B742(58)/UAL(56)/第1管区(56)/B744D(53)/AKX(53)/MD81(53)/槻木駅(52)/旅客船(50)/MD90(50)/KAL(50)/A343(50)/AJX(49)/B742F(48)/JLJ(48)/EVA(48)/COA(47)/白石蔵王駅(47)/国土交通省(47)/港湾管理業務船(46)/コンテナ船(45)/B73G(45)/JR貨物(44)/岩沼駅(42)/CRJ2(42)/MD11(40)/CSN(40)/RJSI(39)/IBX(39)/A321(38)/B744F(38)/八戸港(37)/MD11F(35)/EMBRAER(35)/RJSF(35)/SKY(34)/小名浜港(32)/CPA(32)/しれとこ型(32)/FDX(31)/CRF(31)/EH500(30)/E170(30)/STARALLIANCE(30)/MD87(29)/B757(29)/函館港(29)/ADO(29)/NXA(28)/CES(28)/B752(28)/BIZJET(28)/酒田港(27)/船岡駅(27)/E3系(26)/第9管区(26)/なつい型(26)/監督測量船(26)/CMI(25)/RJSK(25)/青森港(25)/鶴見サンマリン(24)/東海道新幹線(24)/JTA(24)/漁業調査船(24)/NCA(24)/小田原駅(24)/鹿島港(24)/ERJ(23)/小樽港(23)/RJCC(23)/CAL(23)/E2系(23)/警視庁(22)/舞鶴港(22)/神奈川県警察(21)/第4管区(21)/護衛艦(21)/ダム(21)/B762(21)/BELL(21)/苫小牧港(20)/宮城マリンサービス(20)/JAC(20)/常磐線(20)/RJTY(19)/JR東海(19)/水産庁(19)/第8管区(19)/日本郵船(19)/B743(19)/HDA(19)/クルーズ客船(19)/奥羽本線(18)/消防艇(18)/THA(18)/漁業取締船(18)/E721系(18)/B763F(18)/BEECH(18)/RJSC(18)/大阪港(17)/E4系(17)/練習船(17)/SIA(17)/つがる型(16)/DLH(16)/AEROSPATIALE(16)/AAL(16)/第7管区(16)/TUPOLEV(16)/FOKKER(15)/A319(15)/F50(15)/監視取締艇(15)/丸文松島汽船(15)/航空自衛隊(15)/B733(15)/佐渡汽船(15)/BAW(15)/川崎近海汽船(15)/重力式コンクリートダム(15)/石巻港(14)/山形新幹線(14)/400系(14)/名古屋港(14)/第5管区(14)/釜石港(14)/報道ヘリ(14)/CRJ1(14)/むらくも型(13)/KSFO(13)/北白川駅(13)/ED75(13)/太平洋フェリー(13)/測量船(13)/えりも型(13)/レストラン船(13)/セメント運搬船(13)/陸上自衛隊(13)/室蘭港(13)/昭和油槽船(13)/T154(13)/税関監視艇(13)/海保ヘリ(13)/RJCO(13)/らいざん型(12)/東白石駅(12)/東京汽船(12)/AFR(12)/山形駅(12)/第6管区(12)/大河原駅(12)/ダイトーコーポレーション(12)/CRJ7(12)/SAAB(12)/宮城県(12)/ウィングマリタイムサービス(12)/鳥羽港(12)/蔵王駅(12)/フジトランス(12)/名取駅(11)/南仙台駅(11)/水産実習船(11)/SNJ(11)/LPGタンカー(11)/川崎港(11)/AUA(11)/ハイドロフォイル(11)/栗林商船(11)/東日本フェリー(11)/新日本海フェリー(11)/釧路港(11)/SF34(11)/航空救難団(11)/とから型(11)/小山駅(11)/700系(11)/A346(11)/上越新幹線(10)/EF81(10)/水産総合研究センター(10)/USAF(10)/BCF(10)/大阪府警察(10)/ばんな型(10)/ACA(10)/B412(10)/UPS(10)/GULFSTREAM(10)/AFL(10)/太平洋セメント(10)/はてるま型(10)/掃海艇(10)/港湾業務艇(10)/川崎重工業(10)/おりおん型(9)/AZA(9)/719系(9)/トヨフジ海運(9)/B739(9)/300系(9)/横須賀長浦港(9)/熊谷駅(9)/はやなみ型(9)/鹿島埠頭(9)/敦賀港(9)/VIR(9)/航海訓練所(9)/PAL(9)/川崎汽船(9)/研究船(9)/DC10(9)/LOCKHEED(9)/はやぐも型(9)/第10管区(9)/KIAD(9)/建造中の船(9)/青函フェリー(9)/浦賀水道(9)/漁船(9)/DH8C(9)/貨客船(9)/防災ヘリ(9)/SIKORSKY(8)/FIN(8)/あかぎ型(8)/秋田港(8)/VLK(8)/清水港(8)/ひだ型(8)/秋田新幹線(8)/福島駅(8)/SFJ(8)/HVN(8)/気仙沼港(8)/アメリカ海軍(8)/東京消防庁(8)/ユーロコプター(8)/B350(8)/旭タンカー(8)/常滑港(8)/CESSNA(8)/油回収船(8)/583系(8)/三菱重工業(8)/日本海洋社(7)/清掃船(7)/ポートサービス(7)/CITATION(7)/ニュー松島観光船(7)/AS365(7)/松島ベイクルーズ(7)/ANZ(7)/C560(7)/解役巡視船艇(7)/SAS(7)/KLM(7)/横浜税関(7)/上野トランステック(7)/GLF5(7)/鈴与海運(7)/びほろ型(7)/津軽海峡フェリー(7)/シルバーフェリー(7)/北海道警察(7)/CSH(7)/SWR(7)/海洋研究開発機構(7)/塩釜市営汽船(6)/MAS(6)/芝浦通船(6)/信越本線(6)/417系(6)/しんざん型(6)/B764(6)/JR西日本(6)/愛知県警察(6)/救難ヘリ(6)/北海道(6)/十勝港(6)/根室港(6)/鳥羽市(6)/つるぎ型(6)/USMC(6)/日本タンカー(6)/FDA(6)/警察ヘリ(6)/KIAH(6)/商船三井(6)/ANTONOV(6)/北日本海運(6)/神戸港(6)/MD82(6)/455系(6)/ぽおらすたあ型(6)/阿武隈急行(6)/しきしま型(6)/485系(6)/JFE物流(6)/701系(6)/東京都港湾局(6)/大船渡港(6)/日本海曳船(6)/8100系(6)/日立港(6)/自動車運搬船(6)/千葉港(6)/商船三井フェリー(6)/作業船(6)/よど型(5)/200系(5)/山形県(5)/東海運(5)/砂利運搬船・ガット船(5)/キハ100系(5)/ダム(福島県)(5)/井本商運(5)/伏木富山港(5)/RAC(5)/B212(5)/塩釜港船舶給水(5)/B190(5)/砕氷艦(5)/SINOTRANS(5)/KORL(5)/KHB(5)/対戦車ヘリ(5)/福島県(5)/THY(5)/大島汽船(5)/あさぎり型(5)/QFA(5)/P-3(5)/岩手県(5)/RJNT(5)/GIA(5)/東港サービス(5)/A124(5)/酒田市営(5)/東京大学(5)/AIC(5)/オフショア・オペレーション(5)/塩釜市(5)/EC135(5)/あきづき型(5)/A310(5)/東日本タグボート(5)/宝洋海運(5)/監視艇(5)/大洗港(5)/岩船港(5)/JAZ(4)/横須賀港(4)/JAA(4)/金沢港(4)/イースタン・カーライナー(4)/宮古港(4)/AS332(4)/津エアポートライン(4)/B788(4)/ANH(4)/LNGタンカー(4)/BN2(4)/MU-2(4)/東海汽船(4)/商船三井客船(4)/東京湾フェリー(4)/ホンダロジスティクス(4)/やまゆり型(4)/久里浜港(4)/あそ型(4)/砕氷船(4)/日本ガスライン(4)/気象庁(4)/MSR(4)/DH8A(4)/日本海内航汽船(4)/B200(4)/CEB(4)/海洋気象観測船(4)/ウトロ港(4)/BPA(4)/いわきディクルーズ(4)/プッシャーバージ(4)/AH-1S(4)/伊良湖港(4)/東船岡駅(4)/ALK(4)/FALCON900(4)/A342(4)/THT(4)/通船(4)/ミサイル艇(4)/留萌港(4)/はやぶさ型(4)/那珂湊漁港(4)/みずほ型(4)/B787(4)/N700系(4)/UAE(4)/DASSAULT(4)/すがしま型(4)/中日本航空(4)/報道機(4)/伊勢湾フェリー(4)/ダム(山形県)(4)/F-16(4)/CRK(4)/APJ(4)/はつゆき型(4)/ポートカナベラル(3)/CH-46(3)/東邦航空(3)/KABE(3)/日本クルーズ客船(3)/C130(3)/大洋エーアンドエフ(3)/紋別港(3)/灯台見回り船(3)/GLF4(3)/七尾港(3)/BAE(3)/DAL(3)/IDE(3)/FishingCompanyofAlaska(3)/E175(3)/JCAB(3)/第11管区(3)/B762F(3)/女川港(3)/IRA(3)/郵船クルーズ(3)/網走港(3)/BDSF(3)/港湾業務船(3)/SBI(3)/酒田曳船(3)/キハ40系(3)/ABX(3)/A380(3)/斎藤海運(3)/仙台空港鉄道(3)/仙台空港線(3)/直江津港(3)/羽越本線(3)/USA(3)/第一中央汽船(3)/UIA(3)/むらさめ型(3)/VDA(3)/粟島汽船(3)/AHK(3)/SAT721系(3)/青森県(3)/宮ヶ瀬湖(3)/シーライン東京(3)/調査船(3)/ダム(神奈川県)(3)/横浜市港湾局(3)/逢隈駅(3)/消防船(海保)(3)/ダム管理業務船(3)/はましお型(3)/検疫艇(3)/シィライン(3)/はまぐも型(3)/ひうち型(3)/厚生労働省(3)/多用途支援艦(3)/宮城県警察(3)/UH-60(3)/U125A(3)/AS355(3)/音響測定艦(3)/B125(3)/新潟県警察(3)/共栄運輸(3)/アーレイ・バーク級(3)/ロックフィルダム(3)/MDA(3)/航路標識測定船(3)/LEARJET(3)/KV-107(3)/LR-1(3)/MAH(3)/日鐵物流(3)/うわじま型(3)/駆逐艦(3)/仙台駅(3)/住友大阪セメント(3)/仙台空港駅(3)/RSSC(3)/S-76(3)/銚子港(3)/勝田駅(3)/717系(3)/T204(3)/苫港サービス(3)/ダム(岩手県)(3)/C90(2)/いそかぜ型(2)/雄洋海運(2)/設標船(2)/ほくと型(2)/AGUSTA(2)/大阪市消防局(2)/明洋型(2)/651系(2)/新和内航海運(2)/日藤海運(2)/雄飛航空(2)/輸送ヘリ(2)/あぶくま型(2)/東北エアサービス(2)/大阪航空(2)/セントレア桟橋(2)/AS350(2)/B206(2)/B74S(2)/フランス海軍(2)/道南自動車フェリー(2)/大王海運(2)/AMX(2)/A345(2)/プリンス海運(2)/那覇港(2)/監督船(2)/BBC(2)/日本海運(2)/ADB(2)/磐越西線(2)/AMT(2)/AKW(2)/AIRTRANSSE(2)/E1系(2)/NAMC(2)/ジェネック(2)/新日本石油タンカー(2)/UZB(2)/イイノガストランスポート(2)/三菱製紙(2)/名古屋税関(2)/YS11(2)/川崎市港湾局(2)/こんごう型(2)/伊勢湾防災(2)/練習艦(2)/エスコート船(2)/T214(2)/曳船58号型(2)/女川湾(2)/RJBE(2)/R44(2)/QTR(2)/OTG(2)/御前崎港(2)/福島県警察(2)/久慈港(2)/SH-60(2)/VH-60(2)/宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(2)/泉汽船(2)/十和田湖観光汽船(2)/OH-1(2)/試験艦(2)/観測ヘリ(2)/山形県警察(2)/京都府(2)/新潟県(2)/パイロットボート(2)/東京湾水先区水先人会(2)/CMA_GCM(2)/釜石市(2)/CNC(2)/なつぎり型(2)/宮津港(2)/京都府警察(2)/山根海運(2)/ケミカルタンカー(2)/ダム(宮城県)(2)/青森県警察(2)/十和田湖(2)/函館税関(2)/横浜市安全管理局(2)/Thailine(2)/ひゅうが型(2)/港務艇(2)/RoRoLine(2)/OEA(2)/ROBINSON(2)/渡船(2)/E653系(2)/海洋産業(2)/室蘭マリンサービス(2)/E120(2)/北海道ポートサービス(2)/北日本曳船(2)/GXY(2)/HAC(2)/GLEX(2)/松島港(2)/ひらしま型(2)/E26系(2)/DOUGLAS(2)/羽幌港(2)/CJC(2)/CH-47(2)/海技教育機構(2)/羽幌沿海フェリー(2)/CKK(2)/CL60(2)/苫小牧海運(2)/東邦海陸運輸(2)/DC87(2)/DC10F(2)/CXA(2)/松島島巡り観光船企業組合(2)/たかつき型(2)/塩釜地区消防事務組合(2)/羅臼港(2)/北越急行(2)/道東観光開発(2)/ダム(新潟県)(2)/MGL(2)/あまみ型(2)/石狩湾新港(2)/KC-10(2)/JBU(2)/海洋曳船(2)/NTH(2)/北部まき網漁業(2)/錦江航運(1)/おおすみ型(1)/潜水艦(1)/重力式アーチダム(1)/仙台市消防局(1)/湘南港(1)/茨城県警察(1)/うらが型(1)/ゆうばり型(1)/伊豆諸島開発(1)/長浦港(1)/OOCL(1)/丸住製紙(1)/はるしお型(1)/APL(1)/輸送艦(1)/東海大学(1)/コスモ海運(1)/複合ダム(1)/タイヨウ汽船(1)/掃海母艦(1)/はつしま型(1)/N763(1)/フリゲイト(1)/アースダム(1)/はるな型(1)/東北水力地熱(1)/関西空港ポートターミナル(1)/ダム(秋田県)(1)/フロレアル級(1)/中国海事局(1)/室蘭通船(1)/徳山海陸運送(1)/はたかぜ型(1)/三洋海事(1)/佐藤漁業(1)/横浜コンテナライン(1)/秋田県(1)/チップ輸送船(1)/RJEB(1)/花咲港(1)/浦河港(1)/保存船(1)/石狩湾新港サービス(1)/尾岱沼港(1)/フライアッシュ運搬船(1)/太平洋汽船(1)/AZIMUT(1)/RJSY(1)/GLOVIS(1)/渋田海運(1)/神原ロジスティクス(1)/クルーザー(1)/春風海運(1)/UC-35(1)/日洋海運(1)/水中処分母船1号型(1)/石川県警察(1)/高岡市消防本部(1)/支援船(1)/輪島港(1)/エスパルスドリームフェリー(1)/いわみ型(1)/あそぎり型(1)/小木港(石川)(1)/補給艦(1)/E5系(1)/NJA(1)/JNA(1)/興亜海運(1)/富山県(1)/シーパル女川汽船(1)/調査実習船(1)/黒田産業海運(1)/セラヴィ観光汽船(1)/常滑ミナトライン(1)/加藤海運(1)/WANHAI(1)/有村産業(1)/東京都(1)/NGSCO(1)/IMT(1)/警戒船(1)/パシフィックマリンサービス(1)/24系(1)/東都海運(1)/第一タンカー(1)/正栄海運(1)/東京水辺ライン(1)/ANG(1)/HAL(1)/名門大洋フェリー(1)/極洋水産(1)/出光タンカー(1)/田渕海運(1)/東北大学(1)/Hapag-Lloyd(1)/伊良湖水道(1)/名鉄海上観光船(1)/衣浦港(1)/三河港(1)/神戸リゾートライン(1)/福岡県(1)/山口県(1)/長崎県(1)/日産専用船(1)/津久井湖(1)/SYKORSKY(1)/SHU(1)/SB20(1)/TAI(1)/USARMY(1)/AIB(1)/USNAVY(1)/SASCO(1)/AMU(1)/AT43(1)/ATN(1)/ATR(1)/PAC(1)/PIA(1)/AN22(1)/RCI(1)/YAKOVLEV(1)/YK40(1)/警備艦艇(海外)(1)/しようこう型(1)/ロシア国境警備局(1)/日本海洋(1)/海事広報艇(1)/A-10(1)/A109(1)/青森曳船(1)/ミストラル級(1)/強襲揚陸艦(1)/警備艇(入管)(1)/入国管理局(1)/ACI(1)/東京海洋大学(1)/朝日航洋(1)/MBB(1)/OAE(1)/NKS(1)/E190(1)/E145(1)/E135(1)/EA-6(1)/EDW(1)/F-15DJ(1)/B753(1)/DHL(1)/DH8B(1)/CCL(1)/C-1(1)/C-12(1)/CHP(1)/BK117(1)/DCL(1)/CYZ(1)/FJI(1)/HKE(1)/LRO(1)/LR-2(1)/LOT(1)/MD88(1)/MH2000(1)/静岡県警察(1)/MU-300(1)/B732(1)/L101(1)/JAXA(1)/ICE(1)/B741(1)/JIA(1)/KAP(1)/JR北海道(1)/E531系(1)/小浜港(1)/三洋物産(1)/練習機(1)/小笠原海運(1)/荒川水力電気(1)/HK100形(1)/ケーブル敷設船(1)/国際ケーブル・シップ(1)/C57(1)/神奈川県(1)/たちかぜ型(1)/山ノ目駅(1)/平泉駅(1)/たかなみ型(1)/那須塩原駅(1)/亘理駅(1)/大宮駅(1)/潜水艦救難母艦(1)/掃海艦(1)/日本鯨類研究所(1)/興洋海運(1)/兵機海運(1)/近海郵船物流(1)/消防艇(海保)(1)/白井汽船(1)/ぬのびき型(1)/POT(1)/AW139(1)/681系(1)/救難艦(1)/寺泊港(1)/115系(1)/九州マリン(1)/高速輸送船(1)/刈和野駅(1)/エムイー海運(1)/岩手県警察(1)/日本マリン(1)/大槌港(1)/住若海運(1)/霧島汽船(1)/大阪水上バス(1)/キャプテンライン(1)/三豊運輸(1)/徳栄海運(1)/釜石線(1)/大阪税関(1)/福井県警察(1)/輸送艇(1)/輸送艇1号型(1)/PIL(1)/特務艇(1)/両津港(1)/新潟市消防局(1)/洞海マリンシステムズ(1)/BEOING(1)/日立市消防本部(1)/ダム(茨城県)(1)/マロックス(1)/英雄海運(1)/峰吉川駅(1)/E955形(1)/はつひかり型(1)/新潟西港(1)/日本チャータークルーズ(1)/東京税関(1)/千葉市消防局(1)/退役護衛艦(1)/しらうめ型(1)/鳳生汽船(1)/

RSSフィード

プロフィール

thomas

Author:thomas
のりもの(主にひこうき)の撮影記録。
まとめサイト公開しました。